コリーニ事件 screen ベティ

公式サイト: https://collini-movie.com

ドイツで本当にあった驚くべき“法律の落とし穴”とは。世間を揺るがした圧巻の法廷劇。
【終了日:2020年8/21(金)】

【原題】Der Fall Collini
【監督】マルコ・クロイツパイントナー
【キャスト】エリアス・ムバレク,アレクサンドラ・マリア・ララ,ハイナー・ラウターバッハ,フランコ・ネロ
2019年/ドイツ/123分/クロックワークス/DCP

オンラインチケット購入はこちら
8月08日(土)〜8月14日(金)
21:15〜23:20 [レイト]
8月15日(土)〜8月21日(金)
11:05〜13:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

正義に挑む

【この小説がきっかけとなりドイツ連邦法務省は「過去再検討委員会」を立ち上げた 】

デビュー作の短編小説『犯罪』がドイツで45万部を超える大ベストセラーとなり、世界32か国で翻訳され、クライスト賞(ドイツの文学賞)を受賞。当時日本でも本屋大賞「翻訳小説部門」第1位になるなど大反響を呼んだフェルディナント・フォン・シーラッハ。ドイツで屈指の刑事事件弁護士としても活躍し、自身で取り扱った事件をベースにした社会派ミステリーを多く執筆してきた彼の初長小説『コリーニ事件』。作中で語られた驚愕すべき“法律の落とし穴”がきっかけとなり、出版から数ヶ月後の2012年1月には、ドイツ連邦法務省が省内に調査委員会を設置した。文字通り“国家を揺るがした”小説、待望の映画化!
主人公ライネンには『ピエロがお前を嘲笑う』のエリアス・ムバレク。被告人コリーニにはジャンゴでお馴染みの名優フランコ・ネロ。監督は『クラバート 闇の魔法学校』(08)で数々のドイツ国内映画賞を受賞したマルコ・クロイツパイントナー。

【殺人事件の国選弁護人になった新米弁護士。だが被害者は少年時代の恩人だった…。 】

新米弁護士ライネンは、ある殺人事件の国選弁護人に任命される。
だが被害者は少年時代からの恩人だった。
動機について一切口を閉ざす被告人だったが、事件を調べるうちにドイツ史上最大の司法スキャンダルへと発展――。
ドイツ国民誰もが知りたくなかった真実に向き合うことになる。

関連映画
「コリーニ事件」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)