グッド・ワイフ screen ベティ

公式サイト: http://goodwife-movie.com

1982年、メキシコを襲った最悪の経済危機、アッパークラスの主婦たちの熾烈なマウンティング合戦の幕が上がる
【終了日:2020年8/28(金)】

【原題】Las ninas bien
【監督】アレハンドラ・マルケス・アベヤ
【キャスト】イルセ・サラス,カサンドラ・シアンゲロッティ,パウリーナ・ガイタン,ホアンナ・ムリージョ
2018年/メキシコ/100分/ミモザフィルムズ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
8月08日(土)〜8月14日(金)
10:55〜12:45
8月15日(土)〜8月21日(金)
17:50〜19:30
8月22日(土)〜8月28日(金)
09:00〜10:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。
★8/8(土)10:55回『グッド・ワイフ』上映後
「Help! The 映画配給会社プロジェクト」
 ×横浜シネマ・ジャック&ベティ
オンライントークイベント vol.6 開催

ミニシアターに映画を供給して下さっている小規模の独立系映画配給会社もコロナ禍における危機に直面しています。そこで、独立系映画配給会社20社による「Help! The 映画配給会社プロジェクト」が立ち上がりました。プロジェクト参加メンバーの配給作品を上映している当館をつないでオンライントークイベントを開催します。

【日時】8月8日(土)12:35頃~
(10:55回『グッド・ワイフ』上映後、30分程度)

【オンライン登壇者】
ミモザフィルムズ 村田敦子代表 
横浜シネマジャック&ベティ 梶原俊幸支配人
MC:kinologue 森下詩子
(「Help! The 映画配給会社プロジェクト」発起人メンバー)

【参加費】無料
(劇場でのご参加は『クッド・ワイフ』のご鑑賞料金が必要です)

【参加方法】
トークイベントはオンライン会議システム Zoom を使って行います。オンライン参加の方は事前のお申し込みが必要です。お申し込み頂いた方にはイベント当日に参加URLをお知らせします。

【主催】Help! The 映画配給会社プロジェクト

<↓↓↓詳細&オンライン参加申し込み↓↓↓>
https://0808help-online-talk-jandb.peatix.com/

女は誰でも
お姫様を夢見てる

【『ROMA/ローマ』から10年後、メキシコを襲った経済危機があぶり出す美しい悪夢】

1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。実業家の夫との間に3人の子供に恵まれたソフィアは、高級住宅街にある美しい豪邸で満ち足りた生活を送っていた。セレブ妻たちのコミュニティに女王のごとく君臨していた彼女は、証券会社の社長を夫に持つ、垢抜けない“新入り”アナ・パウラの出現が気に入らない。だが、歴史的なメキシコの経済危機※が到来し、富裕層を直撃。突如として、ソフィアの完璧な世界は崩壊し始める…。
裕福な夫の“妻”として生きる女たちのマウンティング合戦を通し、現代女性にとっての愛や結婚、さらにはアイデンティティを模索するスタイリッシュドラマ『グッド・ワイフ』。本作の舞台となるのは第91回アカデミー賞で外国語映画賞ほか3冠に輝いたアルフォンソ・キュアロン監督作『ROMA/ローマ』から10年後のメキシコだ。
※メキシコの対外債務問題を発端とする経済危機。1982年に債務不履行が顕在化し、経済と国民生活に深刻な打撃を与えた。

【新進気鋭の女性監督と実力派女優のコラボレーション】

メキシコの新鋭の女性監督アレハンドラ・マルケス・アベヤの長編2作目となる本作は、メキシコを代表する女性作家グアダルーペ・ロアエサによる社会風刺の効いた小説「Las Niñas Bien」が原案となる。スノッブで威圧感のある美しい“女王”ソフィアを演じた主演のイルセ・サラスはメキシコの実力派女優であり、シャネルのイメージキャラクターも務めるファッションアイコンだ。メキシコ映画界の才能が集結した本作は、2018年のトロント国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、多くの国際映画祭で絶賛され、2019年メキシコ・アカデミー賞では13部門にノミネート、主演女優賞、衣装デザイン賞、メイクアップ賞、音楽賞の4部門を受賞し話題をさらった。

【華麗なる80年代ファッションとライフスタイル】

スクリーンを彩る80年代初頭のゴージャスなファッションやライフスタイル、カルチャーも本作の見どころのひとつ。ソフィアたちアッパークラスの妻たちの最大の武器“マウンティング”に欠かすことのできない要素でもある。
洗練されたヘアスタイル、勝負服の肩パッド入りドレスから、当時大流行したスポーツブランドFILAのテニスウェアまで、女たちが身にまとう当時最先端のスタイルやドレスの数々は、彼女たちの自己顕示欲のぶつかり合いを鮮やかに映し出す。富を拠り所としていた女性が、財産を失った時、その先には何が待っているのか? アベヤ監督が、完璧なセレブ主婦ソフィアの答えのでない内的葛藤をラグジュアリーなキャンバスの上で巧みに描き出して見せた。

関連映画
「グッド・ワイフ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)