おみおくりの作法 screen ジャック

世界中の映画祭が絶賛! ロンドン市、民生係ジョン・メイ あなたの旅立ち、心を込めて見守ります。

【原題】Still Life
【監督】ウベルト・パゾリーニ
【キャスト】エディ・マーサン,ジョアンヌ・フロガット,アンドリュー・バカン
2013年/イギリス,イタリア /87分/ビターズ・エンド /DCP上映

1月31日(土)〜2月06日(金)
10:00〜11:35
14:15〜15:50
18:05〜19:40
2月07日(土)〜2月13日(金)
10:05〜11:40
15:00〜16:30
2月14日(土)〜2月20日(金)
12:40〜14:15
18:45〜20:20
2月21日(土)〜2月27日(金)
10:05〜11:45
2月28日(土)〜3月06日(金)
19:15〜20:45 [レイト]
3月07日(土)〜3月13日(金)
09:45〜11:20
3月14日(土)〜3月20日(金)
18:45〜20:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(1/27(火)まで)
前売り券特典:ポストカード※無くなり次第終了
・1/31(土)先着プレゼント!
 初日ご来場のお客さまに先着で、
 主人公ジョン・メイも愛用している
 BICの2色ボールペンをプレゼント!(限定数)
 提供:BICジャパン株式会社

パンフレットをネットショップで販売中

ロンドン市、民生係 ジョン・メイ
あなたの旅立ち、心を込めて見守ります。

ロンドン市ケニントン地区の民生係、ジョン・メイ。
ひとりきりで亡くなった人を弔うのが彼の仕事。

事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなしている。
しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイの向かいの家に住んでいたビリー・ストークが最後の案件となる。この仕事をしているにもかかわらず、目の前に住みながら言葉も交わしたことのないビリー。
ジョン・メイはビリーの人生を紐解くために、これまで以上に熱意をもって仕事に取り組む。そして、故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅し、出会うはずのなかった人々と関わっていくことで、ジョン・メイ自身も新たな人生を歩み始める……。

仕事の枠を越え、死者に対しても敬意を持って真摯に向き合う、それがジョン・メイの作法。誰もが迎える死の時間を、ジョン・メイはあたたかく心を込めて見守る。たったひとりで死んでしまったとしても、誰もが誰かと関わった経緯がある。そして、人との出会いこそが新たな人生を歩みだすきっかけになる……。
ささやかで思いがけないラストシーンに胸が震える、かつてない感動作が誕生した。

本作はウベルト・パゾリーニ監督が読んだガーディアン紙の記事に着想を得て生まれた。たったひとりで亡くなった方の葬儀を行う仕事ー。その記事を読んだパゾリーニ監督はそこになにか深く、普遍的なものを感じたという。孤独、死、人と人のつながり……。そして、ロンドン市内の民生係に同行し、実在の人物、出来事について綿密な取材を重ね、几帳面で誠実な地方公務員ジョン・メイの物語、『おみおくりの作法』が誕生した。
このくすっと笑えて、ちょっぴり切ない、心温まる静謐な物語は、 ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でワールドプレミア上映され、感動を呼び、監督賞含む4賞を受賞、9月に行われた、なら国際映画祭のジャパンプレミアでも観客賞を受賞するなど、現在もなお世界の映画祭を席巻している。

関連映画
「おみおくりの作法」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)