至高のエトワール パリ・オペラ座に生きて screen ジャック

踊り続けること、それが運命だったー。貴重なバレエシーンの数々と、豪華出演者で贈る、パリ・オペラ座の華麗な世界!!【1週限定上映】

【原題】Agnes Letestu – L'apogee d'une Etoile
【監督】マレーネ・イヨネスコ
【キャスト】アニエス・ルテステュ,ジョゼ・マルティネス,ローラン・イレール
2013年/フランス/93分/アルシネテラン/DCP上映

2月07日(土)〜2月13日(金)
13:15〜14:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

アニエス・ルテステュ。
踊ることの素晴らしさを、熱い情熱を教えてくれたエトワール。貴重なバレエシーンの数々と、豪華出演者で贈る、パリ・オペラ座の貴重な世界!!

エトワールはフランス語で“星”を意味する。350年以上の伝統を誇るバレエの殿堂、パリ・オペラ座にあっては、ダンサーとして最高位の称号であり、ひいてはバレエ界のトップともいえる選ばれし者。そのエトワールをパリ・オペラ座で16年間に亘り務め、優雅な気品溢れる踊りで世界中を魅了した“美のエトワール”こそアニエス・ルテステュ。そのルテステュ自身や、多くの関係者の証言と映像で綴られる本作は、2013年10月10日のアデュー公演「椿姫」でパリ・オペラ座のエトワールを退くまでの2年間を追った、バレエファン必見の貴重なドキュメンタリーだ。

本作では、彼女自身がエトワールとしての日々の思い出や喜びと苦しみ、アデュー公演を迎えるにあたっての想いを告白していくとともに、彼女の最高のパートナーだったジョゼ・マルティネスをはじめ、先輩である偉大なエトワール、ローラン・イレールや、アデュー公演でアルマン役を務めたステファン・ビュリョンの他、J・ノイマイヤー、W・フォーサイス、J・キリアン等の豪華出演者が、コラボレーションの様子やルテステュへの想いを熱く語っていく。



監督は、ドミニク・カルフーニとマチュー・ガニオ親子のドキュメンタリー 「マチューガニオ&カルフーニ ~2人のエトワール~」やピエール・ラコットとギレーヌ・テスマーの軌跡を追った「バレエに生きる ~パリ・オペラ座のふたり~」など、パリ・オペラ座のダンサーを追い続けるマレーネ・イヨネスコ。イヨネスコは以前にも「アニエス・ルテステュ/美のエトワール」を監督しており、オペラ座に深く関わり、アニエスを熟知しているからこそ描ける彼女の真の姿を克明に捉えていく。

また、アデュー公演の「椿姫」(振付ノイマイヤー、音楽ショパン)をはじめ「天井桟敷の人々」(振付マルティネス、音楽デュパン、衣装ルテステュ)の他、「ドン・キホーテ」、「白鳥の湖」、「放蕩息子」など貴重な映像が満載である。

関連映画
「至高のエトワール パリ・オペラ座に生きて」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)