ヴェラの祈り screen ジャック

第60回カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞。『父、帰る』のアンドレイ・ズビャギンツェフ監督作。

【原題】The Banishment
【監督】アンドレイ・ズビャギンツェフ
【キャスト】コンスタンチン・ラブロネンコ,マリア・ボネビー
2007年/ロシア/157分/アイ・ヴィー・シー/DCP上映

3月21日(土)
17:35〜20:15
3月22日(日)
15:30〜18:10
3月23日(月)〜3月25日(水)
17:35〜20:15
3月26日(木)〜3月27日(金)
15:30〜18:10
3月29日(日)
10:00〜12:45
3月31日(火)
10:00〜12:45
4月02日(木)
10:00〜12:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を2,200円にて販売中
販売場所:★2作品セット券/劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(3/17(火)まで)

「妊娠したの、でもあなたの子じゃない」。
妻は愛を確かめたかった……。
でもそれは浮遊し、いつでも孤独の姿しか見せない――。

夏を過ごすために、亡き父が遺した田舎の家を訪れたある家族。美しい景色の中で流れる静かな家族の時間は、妻ヴェラのある思いがけない告白で暗転していく。

孤独より深い海の底を見てしまった女性の、戻れない道を描いた現代の「黙示録」。妻であること、そして母であるという立場に納まりきれない感情の熱波は、やがて家族そのものを飲み込む奔流となり、悲劇を引き起こしていく……。

『ヴェラの祈り』『エレナの惑い』の2作品は『父、帰る』の後に製作され、2作連続でカンヌ国際映画祭にて賞を受賞し高い評価を受けた。男性中心の社会で生きる女性の苦悩と孤独、そして愛を美しく繊細なタッチでスクリーンに焼きつける。『父、帰る』公開から10年、ズビャギンツェフ監督による女性映画2作品が、遂に日本のスクリーンにやってくる!

関連映画
「ヴェラの祈り」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)