生きうつしのプリマ screen ベティ

公式サイト: http://gaga.ne.jp/ikipuri/

『ハンナ・アーレント』監督の最新作! オペラの旋律にのせて紐解かれていく、ある母娘の過去をめぐるミステリー。
【終了日:8/12(金)】

【原題】Die abhandene Welt
【監督】マルガレーテ・フォン・トロッタ
【キャスト】カーチャ・リーマン,バルバラ・スコバ,マティアス・ハービッヒ,アウグスト・ツィルナー,トム・ベック
2015年/ドイツ/101分/ギャガ/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
7月16日(土)〜7月22日(金)
11:00〜12:45
15:15〜17:00
21:30〜23:10 [レイト]
7月23日(土)〜7月29日(金)
12:10〜13:55
18:40〜20:25
7月30日(土)〜8月05日(金)
09:30〜11:15
8月06日(土)〜8月12日(金)
17:50〜19:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ(7/12(火)まで)
有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売)
パンフレットをネットショップで販売中

父が偶然ネットで見つけた、亡き母にうりふたつの女
彼女は世界で活躍する有名オペラ歌手だった_

【『ハンナ・アーレント』の監督&主演で贈る時を超えたミステリーが誘う感動の真実】

「話があるんだ」と思いつめた声で父から呼び出されたゾフィは、ネットのニュースを見せられて唖然とする。そこには、1年前に亡くなった最愛の母エヴェリンに生き写しの女性が写っていた。彼女の名はカタリーナ、メトロポリタン・オペラで歌う著名なプリマドンナで、同じ歌手でもドイツの名もないクラブをクビになったばかりのゾフィとは住む世界の違うスターだ。父はどうしても彼女のことが知りたいと、ゾフィを強引にニューヨークへと送り出す。気まぐれでミステリアスなカタリーナに振り回されながら、彼女と母の関係を探るゾフィ。どうやら母には、家族の知らないもう一つの顔があったらしい_。
ヨーロッパで数多くの賞に輝き、日本でもスマッシュヒットを記録した『ハンナ・アーレント』の名匠マルガレーテ・フォン・トロッタと主演のバルバラ・スコヴァが再び手を組んだのは、オペラとジャズで彩る母と娘のミステリー。舞台はドイツとニューヨーク、水と緑の都の美しい風景と、壮麗なアーチに飾られたMETやセントラルパークが広がる。
スコヴァが一人二役で挑むのは、秘密を抱えたカタリーナとエヴェリン。母を知る旅に出るゾフィには、『帰ってきたヒトラー』のカッチャ・リーマン。そろそろ落ち着くべき年頃なのに、仕事も恋もうまくいかず、さらに母のもう一つの顔と向き合うことになる悩めるゾフィを洒落たユーモアを添えて演じ、女性たちの共感を呼ぶ。
愛し合っていたはずの亡き妻に「復讐される」と口走る父、母の墓に供えられる贈り主不明の花束、記憶を失くしたカタリーナの母親が隠す古い写真_数々の謎が解き明かされ、母の真実の姿が現れる時、まるで霧がはれるかのように、自分の道を見つけるゾフィ。欠点やあやまち、行き違いや不運も含めて、それが人生の味わい。ミステリーを楽しみながら、生きることを愛する術を教えてくれる感動のミステリー。

関連映画
「生きうつしのプリマ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)