STOP screen ベティ

公式サイト: https://www.stop-movie.com/

鬼才キム・ギドクが今、どうしても撮りたかった映画。あまりの衝撃に上映困難とされた問題作が遂にベールを脱ぐ!
【終了日:7/7(金)】

【原題】Stop
【監督】キム・ギドク
【キャスト】中江翼,堀夏子,武田裕光,田代大悟,藤野大輝,合アレン,菅野圭
2017年/韓国,日本/82分/Kim Kiduk Film、Allen Ai Film/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
6月24日(土)〜6月30日(金)
16:25〜17:55
7月01日(土)〜7月07日(金)
11:20〜12:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
6/24(土)、25(日)16:25回上映後、舞台挨拶あり
登壇者
6/24(土)中江翼さん、合アレンさん、菅野圭さん
6/25(日)中江翼さん、田代大悟さん、合アレンさん

世界3大映画祭であるベルリンで監督賞(‘04)。ベネチアで監督賞(’04)、最高賞(‘12)を受賞したキム・ギドクが、日本に来て監督、撮影、照明、録音を全て一人で行った執念の作品。

【監督からのメッセージ】

私は、日本に友達がすごく多いのですが、みなさんとても良い方で優秀です。でも、日本と韓国は、過去の不幸な歴史の為に、あまり仲が良くない状況です。そんな中で作った、今回の「STOP」ですが、これは韓国人だとか日本人だとか、そういったことは関係なくて、人類の安全の問題だと思っています。
そして、6年前の3月11日にはたくさんの方が亡くなりました。亡くなった方のご家族のことを考えると、非常に心が痛みます。
そして、原発の問題は、終わっていません。終わっていないどころか、これからも、どんどん深刻なことになっていくかもしれません。
世界中の技術者を集めてでも、早く自然な状態が戻ってくるようなことになればいいなと思っています。

取材:霜田明寛
初出:永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン・チェリー

【STORY】

2011年3月11日、東日本大震災。そして福島第一原発のメルトダウン。5km圏内に住んでいた若い夫婦は東京への移住を決意した。妊娠中の妻は放射能の赤ん坊への影響に不安を抱え、だんだん正気ではいられなくなる。そんな中、謎の政府の役人が現れ中絶を強引に促す。写真家である夫は、かつてのままの美しい自然や動物の写真を撮り、妻を安心させようと単身福島に戻ったのであったが、彼がそこで見たものは・・・。

関連映画
「STOP」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)