オオカミは嘘をつく screen ジャック

公式サイト: http://www.bigbadwolves.jp/

世界中が賞賛した、イスラエル発の新感覚心理トラップ・ムービー日本初上陸!

【原題】Big Bad Wolves
【監督】アハロン・ケシャレス,ナボット・パプシャド
【キャスト】リオル・アシュケナージ,ツァヒ・グラッド,ロテム・ケイナン,ドブ・グリックマン
2013年/イスラエル/110分/ショウゲート/DCP上映

1月31日(土)〜2月06日(金)
16:00〜17:55
2月07日(土)〜2月13日(金)
20:30〜22:20 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

善良そうな容疑者、過剰な被害者
乱暴な刑事、本当の“悪”(オオカミ)は誰だ!?

2013年の第18回釜山国際映画祭にて、上映後のティーチインに飛び入りしたクエンティン・タランティーノ監督が「Sensational! The best film of the year!」と興奮気味に発言したことで、大きな話題になった本作。
監督のアハロン・ケシャレス&ナヴォット・パプシャドは共にイスラエル出身。争いの絶えないイスラエル社会からインスパイアされ本作を作り上げた。 残酷な少女連続殺人事件における、容疑者、被害者の父親、刑事が対峙する。

拷問を受け続けているこの男は本当に犯人なのか?
被害者になることは、復讐や暴力を正当化することになるのだろうか―?
「正義」と「悪」──あなたの固定観念は覆り、その定義の狭間でこれまでになかった感情が沸き起こる。
果たして本当の‘悪’とは何なのか―!?

森の中で起こったある凄惨な少女暴行殺人事件。
刑事ミッキは捜査を進めていくうちに、最重要容疑者を特定する。それは一見温厚に見える宗教学の教師ドロールだった。ミッキは不法な取り調べを行い、その動画を偶然ネット上に流されたため捜査は中止に。しかしドロールの追跡をやめないミッキ。そこへ割り込んできたのは、犠牲者である少女の父親ギディだった。彼は法律で裁かれないドロールを自らの手で裁くために周到な復讐計画を練っていたのだ──。
物語は徐々に取り返しのつかない方向へと進み、3人の男たちは破滅へ向かう。
そして最後の1カット、その衝撃はあなたの想像を必ず裏切るだろう。

関連映画
「オオカミは嘘をつく」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)