ファーストポジション 夢に向かって踊れ! screen ジャック

夢がかなう時、未来への扉が開かれる―。
世界最大のバレエコンクールの涙と感動の舞台裏。

【原題】First Position
【監督】ベス・カーグマン
2011年/アメリカ/92分/セテラ・インターナショナル、ミモザフィルム/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
1月26日(土)〜2月01日(金)
12:10〜13:50
2月02日(土)〜2月08日(金)
14:10〜15:50
17:45〜19:25
2月23日(土)〜3月01日(金)
12:10〜13:50
18:00〜19:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(2/22(金)まで)、有隣堂伊勢佐木町本店
2/23(土)よりアンコール上映!

チャンスは5分。未来を翔ける。

バレエは非常に美しいものであると同時に、踊り手にとっては非常に過酷なものでもある。もしも魅せられてしまったら、多大な犠牲を払うことになるのは避けられない。それでもなお、バレエにありったけの情熱を注ぎ込む子供たちが、世界中にたくさんいる。

2012年2月、ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人の高校生、菅井円加さんが1位入賞したというニュースが日本を沸かせたが、ユース・アメリカ・グランプリは9才から19才の若いダンサーたちを対象にした、ローザンヌと並ぶ世界最高峰のバレエコンクール。入賞すれば世界の名門スクールへの奨学金や、バレエ団への入団が約束される。『ファースト・ポジション』は、プロを目指してこの登竜門に挑む、6人の子供たちを追ったエキサイティングなドキュメンタリーだ。

この映画の製作・監督・編集を手がけたのは、これがデビュー作となるベス・カーグマン。ジャーナリスト出身の彼女は、バレエに情熱を傾けた子ども時代の持ち主だ。子供たちと仲良くなることから始め、2年という歳月をかけて撮影・編集を行ったというこの映画の美点は、なんといっても子供たちひとりひとりのキャラクターと家族のドラマを浮き彫りにしているところにある。

最終選考地のニューヨークでは、まさにアメリカン・ドリームが子供たちを待ち受けている。コンクールの裏側にまで潜入するカメラはバックステージものの面白さを提供しつつ、『コーラスライン』を思わせるオーディション映画のハラハラ、ドキドキ感を最高潮に盛り上げる。果たして、勝敗の行方は?

バレエという究極の美が与える、夢の力。あくなき情熱をめぐる、家族の物語。それは決してバレエの世界にいる彼らだけのものではなく、私たちすべてに、生きることの意味をも教えてくれるのだ。

「ファーストポジション 夢に向かって踊れ!」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)