ふたりの桃源郷 screen ベティ

心は山にありました。最期まで山で、最期までふたりで。ある夫婦と支える家族の25年を記録したドキュメンタリー
【終了日:10/14(金)】

【監督】佐々木聰
【キャスト】田中寅夫,田中フサコ,矢田恵子,矢田安政,西川博江
2016年/日本/87分/ウッキー・プロダクション/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
10月01日(土)〜10月07日(金)
13:35〜15:15
10月08日(土)〜10月14日(金)
17:30〜19:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,700 ¥1,400 ¥1,000
会員 ¥1,400 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

「山」で暮らす夫婦と、支える家族
誰もが自分や家族に重ねずにはいられない、
25年間の貴重なドキュメント。

山口県のローカル放送局・山口放送が、ある夫婦と彼らを支える家族の姿を足かけ25年にわたり追いかけたドキュメンタリー。

カメラが静かに捉え続けた、電気も水道もない山で暮らす夫婦と、離れて暮らす家族の姿は、多くの人々の心を掴み、再放送を望む声が局に寄せられるなど大反響を呼んだ。

山口県内および日本テレビ系列「NNNドキュメント」で長きにわたり放送され、「第4回日本放送文化大賞 テレビ・グランプリ」ほか数々の賞を受賞した伝説のシリーズ、待望の映画化!

山口県岩国市美和町の山奥で暮らす田中寅夫さん・フサコさん夫妻。二人が、電気も電話も水道も通っていないこの山で暮らすのには、ある理由がありました。山は、戦後まもなく一からやり直そうと自分たちの手で切り開いた大切な場所。高度経済成長期に大阪へ移住し、三人の子供たちを育て上げた寅夫さんとフサコさんでしたが、夫婦で還暦を過ぎた時、「残りの人生は夫婦で、あの山で過ごそう」と、思い出の山に戻り、第二の人生を生きる道を選んだのでした。

地方発TVドキュメンタリーの映画化が注目される今、一組の家族を通して「家族とは何か」「生きること・老いることの本質とは何か」をシンプルに問いかけた本作が生まれた背景には、地域に密着した報道を続けてきた山口放送が持つ強みと、夫婦たちの姿に惚れこんで、バトンをつなぎながら粘り強い取材を続けてきたディレクターやスタッフらの情熱がありました。さらに、映画化を後押しする大きな力となったのは、テレビ放送される度に局に寄せられた視聴者からの大きな反響・再放送を望む声でした。 映画化にあたり、TVドラマ『北の国から』シリーズや映画『男はつらいよ』シリーズ、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどで知られる俳優・吉岡秀隆さんがナレーションを務め、作品が持つ優しくあたたかな魅力を、より一層引き出しています。
畑でとれる季節の野菜、湧き水で沸かした風呂、窯で炊くご飯…かけがえのない二人の時間に、やがて「老い」が静かに訪れます。山のふもとの老人ホームに生活の拠点を移した後も、山のことが心から離れない二人。離れて暮らす家族の葛藤と模索。そして夫婦亡き後、残された家族に〈芽生えた〉ものとは――?そこには、現代における“幸せの形”のヒントがありました。

関連映画
「ふたりの桃源郷」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)