ニュースの真相 screen ベティ

公式サイト: http://truth-movie.jp

現職大統領を脅かす決定的新証拠は「偽造」だった…!?〈21世紀最大のメディア不祥事〉 の現場では、何が起こっていたのか―!?
【終了日:10/7(金)】

【監督】ジェームズ・バンダービルト
【キャスト】ケイト・ブランシェット,ロバート・レッドフォード,エリザベス・モス,トファー・グレイス,デニス・クエイド
2015年/オーストラリア,アメリカ/125分/キノフィルムズ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
9月24日(土)〜9月30日(金)
12:55〜15:05
18:30〜20:35
10月01日(土)〜10月07日(金)
11:20〜13:30
20:40〜22:45 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

このスクープに脅かされるのは、政権か!?
それとも、メディアか_!?
真実にはすべてを懸ける価値がある。

【真実を追うジャーナリストのもうひとつの闘いを、実話に基づいて描いた感動作】

『大統領の陰謀』や『スポットライト 世紀のスクープ』など、ジャーナリストを主人公にした傑作は少なくないが、本作はそこに連なる一作でありながら、「ジャーナリズムの陰の部分」を描く異色の感動作でもある。
04年9月8日、アメリカ大統領選の真っ只中、再選を目指すブッシュ大統領を脅かす一大スクープが報じられた。ベトナム戦争中、大物政治家だった父親の力を使って兵役を怠ったという疑惑の決定的証拠を入手した、と一大センセーションを巻き起こしたのは、CBSの看板番組「60ミニッツⅡ」。だが、渾身のスクープのはずが、「新証拠」に「偽造」の疑いをもたれたことから、CBSは激しく糾弾され、ついに上層部は内部調査委員会を設置する…
この<21世紀最大のメディア不祥事>と言われる事件の一部始終を、当事者の目線で克明に描いたのが、『ニュースの真相』である。スクープから一転、激しい非難の的となる主人公たち。それでもなお、信念と矜持を失わずに、圧倒的に不利な闘いに臨む彼らの姿に心
揺さぶられると同時に、ジャーナリズムが抱える「失敗の恐ろしさ」に震撼せずにはいられないだろう。
本作は、米国最大のネットワークを誇る放送局CBSのニュース番組をプロデューサーとして長年手がけたメアリー・メイプスの自伝に基づく実話である。ジャーナリストたちの運命を大きく変え、皮肉にもブッシュ再選につながったあるスクープ報道。その裏に秘められた真相を知ることは、今の不穏な世界情勢のルーツを知ることにつながるだろう。

【2大スター、ケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォード共演!】

メアリー役には『アビエイター』『ブルージャスミン』でアカデミー賞®を2度受賞した美しき演技派ケイト・ブランシェット。敏腕プロデューサーらしい颯爽とした姿から一転、後半では弱さも含めた人間味を垣間見せながら、毅然として不利な闘いに臨むメアリーを演じ、世間からの批判を一身に受けてもなお心が屈することのない清廉なジャーナリスト魂を体現している。伝説的アンカーマン、ダン・ラザー役には『大統領の陰謀』の名優ロバート・レッドフォード。取材チームには、『エデンより彼方に』のデニス・クエイド、『インターステラー』のトファー・グレイス、『オン・ザ・ロード』のエリザベス・モスが顔を揃え、さらに『シン・シティ 復讐の女神』のステイシー・キーチが重要な鍵を握る人物を演じている。
監督は、『ゾディアック』『アメイジング・スパイダーマン』などの脚本家として知られ、本作で監督デビューを飾ったジェームズ・ヴァンダービルト。

関連映画
「ニュースの真相」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)