汚れなき祈り screen ジャック

公式サイト: http://www.kegarenaki.com/

わたしたちを引き裂くのは、神か、悪魔か――。
修道院で起きた実話を基に、パルムドール受賞監督が再びカンヌを揺るがした衝撃作。

【原題】DU PA DEALURI
【監督】クリスティアン・ムンジウ
【キャスト】コスミナ・ストラタン, クリスティナ・フルトゥル, ヴァレリウ・アンドリウツァ, ダナ・ダパラガ
2012年/ルーマニア,フランス,ベルギー/152分/マジックアワー/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
7月13日(土)〜7月19日(金)
15:35〜18:10
7月20日(土)〜7月26日(金)
11:55〜14:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(7/8(月)まで)
前売り券特典:ポストカード&チャーム
パンフレットをネットショップで販売中

2005年にルーマニアの修道院で実際に起きた悪魔憑き事件を基に描く

映画『4ヶ月、3週と2日』(07)で、ルーマニア映画初のパルムドール(最高賞)に輝いたクリスティアン・ムンジウ監督。
いまや世界で最も次回作が待望される監督の一人と言っても過言ではない、ムンジウの最新作『汚(けが)れなき祈り』は、満を持して第65回カンヌ国際映画祭に出品され、見事、女優賞と脚本賞のW受賞を果たした。同映画祭のコンペ部門では唯一の2部門受賞を果たし、ムンジウの才能が紛れもない本物であることを証明した。
ルーマニア映画初の女優賞を獲得したのは、ムンジウによって見出され、本作で映画初出演となる新人女優の二人。修道院を舞台に友情を超えた深い絆で結ばれている二人という難しい役どころを、迫真の演技で見せる。

本作は、2005年にルーマニアの修道院で実に起きた悪魔憑き事件を基に、互いに深い絆で結ばれていたはずの幼なじみ二人が、信仰と愛のはざまで揺れ動き葛藤する様を描いたヒューマンドラマ。題材をただセンセーショナルに扱うことなく、事の真相や渦中にいた人々の姿を、緻密な脚本と徹底したリアリズムで描き出す。
映画は、特殊な社会で起こった事件を描いているが、現代の孤立・閉塞感がすすむ世界中のあらゆる社会で起こりうる悲劇といえるかもしれない。パルムドール受賞監督の新たなる意欲作は、共同プロデュースにダルデンヌ兄弟を迎え、圧倒的な表現力で、あなたの心を強烈に揺さぶることだろう。

幼少時代を同じ孤児院で過ごした二人の若き娘、アリーナとヴォイキツァ。ドイツで暮らしていたアリーナは、修道院にいるヴォイキツァを訪ねて、一時的にルーマニアに戻ってくる。ヴォイキツァが入っている修道院は、町から少し離れた丘の上にある。季節は冬。まだ雪は降っていない。修道院では復活祭の準備が進められていた―。
アリーナの願いは、世界でただひとり愛するヴォイキツァと一緒に居ること。
しかし、ヴォイキツァは、神の愛に目覚めて、修道院での暮らしに満ち足りていた。彼女を取り戻そうとするアリーナは、次第に精神を患っていく。
アリーナは、突如、発作を起こし、病院へ運ばれるが、原因は分からない。修道院では、アリーナの病が悪魔の仕業であるとみなし、彼女を救うために、ある決断するのだが―。

「汚れなき祈り」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)