殺人の告白 screen ベティ

公式サイト: http://satsujin-kokuhaku.net/

パク・シフが映画初出演で主演を果たした問題作

【監督】チョン・ビョンギル
【キャスト】パク・シフ,チョン・ジェヨン
2012年/韓国/119分/ツイン/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
7月13日(土)〜7月19日(金)
13:45〜15:50
19:30〜21:30 [レイト]
7月20日(土)〜7月26日(金)
10:15〜12:20
16:20〜18:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(※終了しました)
前売り券特典:映画スチール(第1弾)
クリアファイル(第2弾)
・7/13(土)初日来場者特典あり!
 パク・シフ生写真(※数量限定)
・7/20(土)2週目特典あり!
 オリジナルポストカード(※数量限定)
豪華版パンフレット通常版パンフレットオリジナルうちわをネットショップで販売中

美しいく冷酷な殺人犯が再び被害者の前に現れるー

連続殺人事件から15年後。
自分が犯人だと名乗りを上げた男イ・ドゥソク。
時効が成立したため法的には無罪になった彼が、自分の犯した殺人事件について詳細に記した本を出版する。
その衝撃的な内容と、俳優のように美しいルックスが相まって、一躍人気者になった彼と、犯人を探し続けてきた刑事や恨みを抱く遺族たちとの駆け引きが始まる。

『家門の栄光』(09)『検事プリンセス』(10)、そして、『王女の男』(11)と、出演ドラマごとに輝きを増すパク・シフが映画初出演で連続殺人犯を演じ、激しいアクションにも挑戦した本作。

メガホンをとるのは、アクション・スクール出身のチョン・ビョンギル監督。29歳で初監督作品のドキュメンタリー『俺たちはアクション俳優だ』(08)で、アクション・スクールの厳しい訓練過程と、笑いと感動のエピソードを交えながら生き生きと描き、批評家から実力派の新人監督として脚光を浴びた。

ポン・ジュノ監督の名作『殺人の追憶』(03)の題材にもなった、韓国で起きた実際の事件“華城連続殺人事件”からインスピレーションを得た彼が描き出す、スピーディーな展開とダイナミックなアクションは、最後の最後まで目が離せない!!

「殺人の告白」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)