さよならドビュッシー screen ベティ

公式サイト: http://good-bye-debussy.com/

秘めた思いは、「月の光」とともに溢れだす…

【監督】利重剛
【キャスト】橋本愛,清塚信也,ミッキー・カーチス,柳憂怜,相築あきこ
2013年/日本/131分/東京テアトル/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
6月08日(土)〜6月14日(金)
12:00〜14:15
19:55〜22:05 [レイト]
6月15日(土)〜6月21日(金)
18:35〜20:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・6/8(土)は両回で舞台挨拶あり
 12:00回:清塚信也さん&利重剛監督
 19:55回:利重剛監督
 ※12:00回は当日9:45より整理番号付き当日券販売
パンフレットをネットショップで販売中

「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。極上音楽ミステリー待望の映画化!

2012年の映画界を賑わせた女優・橋本愛が、新たな役どころに挑戦した。彼女のクールなたたずまいと強い目力が存分に生かされるのは、火事で全身に大やけどを負いながらも、ピアニストの夢を追い、障害を乗り越えるヒロインの香月遥。
遥を献身的に支え、彼女の周囲で起きる不可解な出来事を推理する探偵役のピアノ教師、岬洋介には“クラシック界の貴公子”ことピアニストの清塚信也。その他、遥の祖父役に飄々とした演技が人気のミッキー・カーチス、遥を厳しく鍛える主治医役に実力派の吉沢悠。個性派が脇を固めているのも見逃せない。
原作は第8回『このミステリーがすごい!』(宝島社主催)で大賞を受賞した中山七里原作の同名小説。『さよならドビュッシー』、『おやすみラフマニノフ』の大人気音楽ミステリーは累計55万部を越え、シリーズ第3弾『いつまでもショパン』が映画公開とほぼ同時に発売されることが決定している。
極上の音楽ミステリーを映画化したのは、『クロエ』以来、10年振りにメガホンを取った利重剛監督。音楽にこだわりを持つ利重監督らしく、遥が弾くピアノ曲「熊蜂の飛行」に大胆なアレンジを取り入れるなど、音楽好きを喜ばせる仕掛けを施し、音楽ファンも満足の逸品に仕上げた。

両親や祖父、帰国子女の従姉妹らに囲まれながらピアニストを目指す16歳の少女・遥(橋本愛)。ある日、祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれ、ただ一人生き残った遥も全身に大怪我を負う。
それでも遥は不遇にめげずに、ピアニストになる夢を実現させるべくコンクールに向けて練習を積み重ねる。そんな中、彼女の周辺で次々と不可解な出来事が起こる……。

「さよならドビュッシー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)