あるいは佐々木ユキ screen ジャック

『岡山の娘』『わたしたちの夏』の福間健二監督作品

【監督】福間健二
【キャスト】小原早織 , 吉野晶 , 千石英世 , 文月悠光
2013年/日本/79分/tough mama/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
9月14日(土)〜9月15日(日)
10:30〜11:55
20:25〜21:45
9月16日(月)〜9月20日(金)
20:25〜21:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
詩集ご提示で、一般・大学専門料金から各200円引き
★舞台挨拶あり!
・9/14(土)10:30回後、川野真樹子さん、福間健二監督
・9/14(土)20:25回上映前、福間健二監督
・9/20(金)20:25回上映前、小原早織さん(予定)、福間健二監督

パンフレットをネットショップで販売中

もうすこし歩いて もうすこしへんになってみる。

2011年、詩集『青い家』で萩原朔太郎賞と藤村記念歴程賞をW受賞した詩人であり、1995年『急にたどりついてしまう』、2008年『岡山の娘』、2011年『わたしたちの夏』と、精力的に映画づくりに取り組んできた福間健二の新作です。

20歳の女の子、佐々木ユキの夢と現実を、インタビュー、詩、ダンスをふくむ斬新な構成によってとらえます。ユキは、その分身的存在や彼女を見守る人物たちと出会い、別れ、次のステップへと向かいます。アゴタ・クリストフ、アンデルセン、文月悠光、そして「青い家」をはじめとする福間健二の詩を盛り込んだ、アイドル・コミック・ポエトリーファンタジー。21世紀の妖精物語です。

主役の佐々木ユキには、『わたしたちの夏』のサキ役で注目を浴びた小原早織。 吉野晶、千石英世、川野真樹子の、『わたしたちの夏』につづくメンバーに加えて、詩人文月悠光も出演しています。
主要スタッフは、『わたしたちの夏』につづいて、撮影・鈴木一博、編集・秦岳志、音響設計・小川武。福間健二のあらたな冒険をささえています。

「あるいは佐々木ユキ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)