海と大陸 screen ジャック

公式サイト: http://umitotairiku.jp/

青い海、青い空、輝く太陽のもと、海の掟に生きる家族。 現代イタリアの心揺さぶる感動作!

【原題】Terraferma
【監督】エマヌエーレ・クリアレーゼ
【キャスト】フィリッポ・ブチッロ , ドナテッラ・フィノッキャーロ , ミンモ・クティッキオ , ジュゼッペ・フィオレッロ
2011年/イタリア,フランス/93分/クレストインターナショナル/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
6月29日(土)〜7月05日(金)
10:05〜11:45
7月06日(土)〜7月12日(金)
16:45〜18:20
7月13日(土)〜7月19日(金)
12:00〜13:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、有隣堂伊勢佐木町本店
パンフレットをネットショップで販売中

明日が見えなくても、人間としていかに真摯に生きるか

南イタリアのシチリアから遠く離れた地中海に浮かぶリノーサ島。時間が止まったような小さな島も、夏になれば観光客であふれ活気づく。しかし時代が大きく変わりゆく中、漁業が盛んだった島も衰退の一途をたどり、人々の暮らしも大きく変わろうとしていた。
父を海で亡くした20歳のフィリッポも、漁師を続けようとする祖父、観光業に転じた叔父、本土で新生活を始めたいと願う母との間で、この変化に戸惑いを隠せずにいる。そんなある日、アフリカからの難民、サラとその息子が一縷の望みを求めて、決死の覚悟で海を渡ってきた。海の掟を重んじる祖父は、法を無視して母子を救い、家に迎え入れる。しかし、この人間として尊いはずの行為が波乱を呼ぶことになる。この出来事により、家族はそれぞれに人生を見つめ直すことになるが…。

圧政を逃れて海を渡ってきた母子と、先細る生活に不安を抱える一家。両者は立場も状況も異なるが、共に不安を抱え、明日が見えない。
難民の彼女たちが必死で生きようとする姿に、島の家族が自らの生活も危機に瀕しているにもかかわらず、葛藤しながらどのように応えてゆくのか。
青い海と青い空、溢れる太陽の光の中で、人間の持つ本当の勇気、生きようとする力、優しさ、高貴な心を感動的に描いている。

監督のエマヌエーレ・クリアレーゼはローマで生まれ育ち、ニューヨーク大学で映画演出を学び劇映画監督デビュー。イタリアに再び戻ったのちは、祖父の故郷でもあるシチリアに関心を深め、一貫して南イタリアを舞台に映画を撮り続けてきた。
『グラツィアの島』(02)では、ランペドゥーサ島の自然の中で、自由で天衣無縫に生きるひとりの母親を描き、カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリを受賞。シャルロット・ゲンズブールを起用し、20世紀初頭のアメリカへの移民を描いた『新世界』(06)では、見事ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞に輝いた。
本作でも2011年同国際映画祭審査員特別賞を受賞し、審査委員長のダーレン・アロノフスキーは授賞式で『海と大陸』がいかに衝撃的であったかを熱く語り、主演のフィリッポ・プチッロを新しいスターの誕生だと賞賛した。本作はアカデミー賞外国語映画賞イタリア代表作品にも選ばれ、今やその名声は国際的に揺るぎないものになった。
クリアレーゼ監督は、イタリア・ネオレアリスモの伝統を受け継ぎながらも、テーマに鋭く迫る斬新なイメージ映像を用いて、重厚な作品世界を創りあげてゆく。『海と大陸』は彼の力を存分に発揮した傑作である。

「海と大陸」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)