ローマでアモーレ screen ベティ

公式サイト: http://romadeamore.jp/

ウディ・アレン監督の最新作は底抜けに愉しくて、陽気なラブ・コメディ!

【原題】To Rome with Love
【監督】ウディ・アレン
【キャスト】アレック・ボールドウィン,ロベルト・ベニーニ,ペネロペ・クルス,ジュディ・デイヴィス,ジェシー・アイゼンバーグ,エレン・ペイジ
2012年/アメリカ,イタリア,スペイン/101分/ロングライド/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
7月27日(土)〜8月02日(金)
14:00〜15:55
18:05〜20:00
8月03日(土)〜8月09日(金)
10:05〜12:00
16:15〜18:10
8月10日(土)〜8月16日(金)
13:40〜15:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

豪華キャストが魅せる、ちょっぴり奇抜でユーモアたっぷりの物語

前作で“真夜中のパリ”を甘美に描き上げたウディ・アレンの次なる舞台は、陽光きらめくイタリアの古都ローマ。
フィルムメーカーとして新たな絶頂期を快走中のアレンは、人生を謳歌するラテンのノリにすっかり感化されたのか、いつもの“辛口でシニカル”な作風からはるかに突き抜けたユーモアを連発。
老若男女が愛して歌ってよく食べるイタリア的バイタリティと、「ただ散歩しているだけでも驚くような街だ」と評するローマの熱気に刺激された天才監督のイマジネーションはぐんぐん膨らみ、同時進行する4つのとびきり愉しくて陽気なエピソードに結実した。
 恋愛小説さながらにローマっ子のイケメンと婚約した娘のもとへ、アメリカから飛んできた元オペラ演出家(アレン)。恋人の親友である小悪魔な女優(ペイジ)の虜になってしまう建築家の卵(アイゼンバーグ)。田舎から上京した純朴な新婚カップルの宿泊先になぜか現れたセクシー爆弾なコールガール(クルス)。ある日突然、大勢のパパラッチに囲まれ、大スターに祭り上げられた平凡な中年男(ベニーニ)……。

幾多の名作の舞台になってきたローマの魅力をあますところなくスケッチしようと試みたアレンは、現地オールロケを敢行。コロッセオ、トレヴィの泉、ヴェネツィア広場、スペイン階段、ボルゲーゼ公園といったゴージャスな名所を盛り込んで、観る者の目を喜ばせるばかりか、気分をもリフレッシュさせ、ローマへの観光旅行に連れ出してくれる。

「ローマでアモーレ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)