危険なプロット screen ベティ

公式サイト: http://www.dangerousplot.com/

鋭匠フランソワ・オゾン監督最新作!人間が持つ毒と日常に潜む狂気を、ユーモアを交えて炙り出す極上の知的サスペンス

【原題】dans la maison
【監督】フランソワ・オゾン
【キャスト】ファブリス・ルキーニ , クリスティン・スコット・トーマス , エマニュエル・セニエ , エルンスト・ウンハウワー
2012年/フランス/105分/キノフィルムズ/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
11月02日(土)
10:00〜11:50
13:55〜15:45
20:05〜21:50 [レイト]
11月03日(日)〜11月04日(月)
10:00〜11:50
13:55〜15:45
11月05日(火)〜11月08日(金)
10:00〜11:50
13:55〜15:45
20:05〜21:50 [レイト]
11月09日(土)〜11月15日(金)
10:00〜11:50
17:00〜18:50
11月16日(土)〜11月22日(金)
18:30〜20:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(10/28(月)まで)
前売り券特典:特製ペン
パンフレットをネットショップで販売中

教師と生徒の個人授業は、いつしか息詰まる心理戦に変わる。

作家になる夢を諦めた高校の国語教師・ジェルマンは、凡庸な作文添削にうんざりしながら毎日を送っていた。新学期を迎えたばかりのある日、生徒クロードが書いた作文に心をつかまれる。クラスメイトとその家族を皮肉たっぷりのトーンで描写したものだったが、ジェルマンは人間観察の才能を感じ取り、クロードに小説の書き方を個人指導していく。ジェルマンの手ほどきにより才能を開花させたクロードは、クラスメイトの家の中を覗き見、美しい母親を観察して次々と‘新作’を提出してくる。次第にクロードの紡ぎ出す物語に絡め取られたジェルマンは、‘続き’を求めて歯車を狂わせてゆく。

「危険なプロット」は、審美眼を持つ高校教師と文才に恵まれた生徒との緊張感漂うやりとりから生まれる、サスペンスを孕んだ緻密な人間ドラマだ。
本国フランスでは、動員120万人を超える大ヒットを記録。第37回トロント国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞、第60回サンセバスチャン国際映画祭では最優秀作品賞と最優秀脚本賞をW受賞し、国際的評価が益々高まるオゾン監督の最高傑作との呼び声も高い。
監督に見出され、ミステリアスで不穏な眼差しを持つクロード役の新星エルンスト・ウンハウワーは本作で、見事リュミエール賞新人男優賞を受賞した。クロードを導く教師ジェルマン役はフランスを代表する名優ファブリス・ルキーニ、また夫とことごとく対立するジェルマンの妻には、アカデミー賞ノミネートのクリスティン・スコット・トーマス、クロードと妖しい関係になるクラスメートの母にエマニュエル・セニエら、秀逸な脚本を120%活かしきるキャストが集められた。
鋭匠フランソワ・オゾンが仕掛ける妖しくスリリングな駆け引きは、緊張を高めながら、やがて常識と想像をはるかに超えた結末へと登場人物を、そして私たちを導いていく。香り高き傑作の登場だ。

「危険なプロット」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)