ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区 screen ベティ

アキ・カウリスマキ、ペドロ・コスタ、ビクトル・エリセ、マノエル・ド・オリヴェイラ 世界に名だたる4人の巨匠が語る、鮮やかな“ポルトガル発祥の地”の記憶

【原題】Centro Historico
【監督】ペドロ・コスタ,マノエル・デ・オリベイラ,アキ・カウリスマキ,ビクトル・エリセ
2012年/ポルトガル/96分/ロングライド/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
11月23日(土)〜11月24日(日)
12:00〜13:40
11月25日(月)〜11月29日(金)
12:00〜13:40
17:40〜19:20
11月30日(土)〜12月06日(金)
16:10〜17:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

ヨーロッパ映画界を牽引する4人の巨匠が語る
鮮やかな“ポルトガル発祥の地”の記憶

「この街はどんな物語を語るべきなのだろう?」
1143年にポルトガル王国が成立してから870年の歴史を持つこの街で、いったいどんな物語が、どんな映画が成立し得るのか?
プロデューサーによるこの問いかけに応えたのは、現代のヨーロッパ映画界のみならず世界に名高い4人の巨匠たちだ。

北欧フィンランド出身ながら20余年もポルトガルに在住のアキ・カウリスマキ。隣国スペインからはビクトル・エリセ。そして、本国ポルトガル代表はペドロ・コスタ、マノエル・ド・オリヴェイラのふたり。彼らの手によって、スタイルもトーンもまったく異なる独創的な4つの作品が作り上げられた。

2012年、ローマ国際映画祭でワールド・プレミアされた後、第13回東京フィルメックスで特別招待作品として上映され、会場に詰めかけた多くの映画ファンを虜にした本作。
“ギマランイスを語る”という同テーマでそれぞれがそれぞれの個性を遺憾なく発揮し、ひと癖もふた癖もある作品で観客を唸らせる。そして、何よりも知的な発見と無上の映画体験をもたらすに違いない。

「ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)