ゴーストランドの惨劇 screen ジャック

公式サイト: http://ghostland-sangeki.com

観はじめた瞬間からあなたは罠にはまるー。鬼才パスカル・ロジェが放つ、絶望のトリック。
【終了日:2020年1/3(金)※元旦1/1休館】

【原題】Incident in a Ghostland
【監督】パスカル・ロジェ
【キャスト】クリスタル・リード,アナスタシア・フィリップス,エミリア・ジョーンズ,テイラー・ヒックソン
2018年/フランス,カナダ/91分/アルバトロス・フィルム/

オンラインチケット購入はこちら
12月28日(土)〜12月31日(火)
19:15〜20:45
1月02日(木)〜1月03日(金)
19:15〜20:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
<R15+>指定作品

観はじめた瞬間から、
あなたは“悪夢の家”の罠にはまる──。

【鬼才パスカル・ロジェが6年ぶりに放つ、映画史上最も不快なトラウマ映画。
姉と妹。過去と未来。事実と虚構。全ての“対比”に罠が張り巡らされている―。 】

2009年、1本のホラー映画が渋谷の劇場で公開された。その映画は、『マーターズ』。『サスペリア』のダリオ・アルジェント監督も絶賛した壮絶な内容は、瞬く間にホラー・ファンの間で話題沸騰となり、公開から10年経った現在もトラウマ・ホラーの代名詞として名前が挙がる。そして、フランス出身の監督パスカル・ロジェは、鬼才として世界中にその名を轟かせた。本作は、2012年の『トールマン』を経て、6年ぶりにロジェ監督が撮り上げた待望の長編作品。主人公の姉妹が絶望的な惨劇に巻き込まれる様は、女性 2 人を主役に据えた『マーターズ』と通じるものがある。しかし、本作ではさらに全編に張り巡らせた伏線と罠で、観る者を巧みに翻弄していく。ロジェ監督が作り上げた“狂気の迷宮”に、いつ迷い込んだのか。凄惨な恐怖描写は2度と見たくないが、罠にはまったあなたは必ず2回観たくなる―。

【story】

僻地に佇む家で、母と双子の娘を襲った凄惨な事件。
それから16年後―。
姉は精神を病み家に囚われ、妹は家を出て幸せを手に入れた。
姉妹がその家で再会した時、あの惨劇が再び幕を開ける―。
などという、ありきたりのホラーでは終わらない―。

人里離れた叔母の家を相続し、そこに移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。姉のヴェラは、奔放で現代的な少女。一方妹のベスは、ラヴクラフトを崇拝する内向的な少女。双子の姉妹ながら、性格は正反対だった。新居に到着したその日の夜、突然の惨劇が一家を襲う。2人の暴漢が家に押し入ってきたのだ。しかし、娘を守ろうとする母は必死に反撃し、姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにする―。あの惨劇から16年後。ベスは小説家として成功したが、ヴェラは精神を病み、今もあの家で母と暮らしていた。久しぶりに実家に戻ったベスを母は迎え入れるが、ヴェラは地下室に閉じこもっていた。そして、ベスに向かって衝撃の言葉をつぶやく―

「ゴーストランドの惨劇」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)