いとしきエブリデイ screen ベティ

公式サイト: http://everyday-cinema.com/

監督マイケル・ウィンター・ボトム&音楽マイケル・ナイマン。5年の歳月をかけて撮った珠玉の感動作!

【原題】Everyday
【監督】マイケル・ウィンターボトム
【キャスト】シャーリー・ヘンダーソン , ジョン・シム , ショーン・カーク
2012年/イギリス/90分/クレストインターナショナル/DCP(ベティ) or ブルーレイ(ジャック)

オンラインチケット購入はこちら
11月30日(土)〜12月06日(金)
12:20〜13:55
17:55〜19:30
12月07日(土)
18:10〜19:45
12月08日(日)〜12月13日(金)
10:00〜11:35
15:45〜17:20
12月14日(土)〜12月20日(金)
17:50〜19:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(11/25(月)まで)有隣堂伊勢佐木町本店
パンフレットをネットショップで販売中

名匠マイケル・ウィンターボトムが描く、ある家族の愛と尊い時間。

ステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナの兄妹は、毎朝シリアルを食べ、学校へ通い、母カレンはみんなを学校へ送った後にスーパーで働き、夜はパブでも仕事をする。どこにでもある毎日。でも、違うのは父親がいないこと。父親は刑務所にいる。会えるのはほんのわずかな面会時間だけ。季節は巡り、子供は成長し、一緒にいない時間が非情に流れていく…。

『いとしきエブリデイ』は、父親不在のある家族の日々を通して、誰もが当たり前にあると思っている"愛"と"時間"の尊さを、美しい映像と音楽で描き出した珠玉の感動作。
少数のスタッフと5年の歳月をかけた、マイケル・ウィンターボトム監督渾身の作品だ。
登場する幼い兄妹は、ウィンターボトム監督によって見出された実の4兄妹。撮影がスタートした時点では8歳、6歳、4歳、3歳だった彼らの成長と共に、5年と言う歳月がスクリーンに焼き付けられていく。長い別離を家族はどうやって耐えるのか? 愛は、絆は持続できるのか?

父親が再び家にもどってくるまでの5年間の日々のディテールを積み上げていくことによって、奇跡的な瞬間が何度も立ち上がってくる。そして、最後には過ぎていく毎日が何よりも大切な"時間"の堆積であるということに改めて気づかされるのだ。
また新たな"エブリデイ"はやってくる。
そんなシンプルなことに感謝したくなり、心にポッと暖かな明かりが灯ったような感動に包まれるだろう。

「いとしきエブリデイ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)