ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ screen ベティ

国際的クリエイターが称賛する新世代の若き映画監督ビー・ガン日本初上陸作品!※当館は全編2D上映となります
【終了日:2020年4/3(金)】

【原題】地球最后的夜晩 Long Day's Journey Into Night
【監督】ビー・ガン
【キャスト】ファン・ジエ,タン・ウェイ,シルビア・チャン
2018年/中国,フランス/138分/リアリーライクフィルムズ,miramiru/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
3月14日(土)〜3月20日(金)
17:10〜19:30
3月21日(土)〜3月27日(金)
14:55〜17:15
3月28日(土)〜4月03日(金)
20:55〜23:15 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

俺たちの夜は、あまりにも短い。

【story】

父親の死を機に、12年ぶりに故郷へ戻って来た男。

彼はその地で、
マフィアに殺害された幼なじみの青年や、
自分を捨てて養蜂家の男と駆け落ちした
母の記憶のかけらを拾い集めるように、
想い出の街を彷徨っていた。

そして何よりも彼の心を惑わせたのが、
ある運命の女のイメージだった。

その女は、自分の名前を香港の有名女優と同じ、ワン・チーウェンだと言った。

男は、その女の面影を追って、
現実と記憶と夢が交差するミステリアスな旅に出る……。

「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)