ストラッター screen ベティ

最愛の女神に捨てられ、バンドは解散の危機。カッコわるいままじゃいられない―。クールでキュートなロックン・ロード・ムービー!!

【原題】STRUTTER
【監督】アリソン・アンダース , カート・ヴォス
【キャスト】フランネリー・ランスフォード , ダンテ・ホワイト・アリアーノ , エリース・ホランダー
2012年/アメリカ/87分/フルモテルモ , コピアポア・フィルム/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
2月22日(土)〜2月28日(金)
17:10〜18:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

クエンティン・タランティーノが奇才たちの映画愛に支えられた、ロックン・ロード・ムービー!!

ロッカーのブレットは最愛の恋人ジャスティーンから突然別れを告げられ、失意のどん底に叩き落とされる。
しかも、そんな彼に追い打ちをかけるように告げられるバンドメンバーの脱退宣言。そんな中、ブレットはジャスティーンが彼のリスペクトするミュージシャン、デイモンと付き合い始めたという噂を耳にする…。

最愛の恋人に突然、別れを告げられたL.A.在住のロッカー、ブレット。しかも、追い打ちをかけるように所属するバンドに解散の危機が迫り…。
『ストラッター』はそんな失意のどん底に突き落とされた青年の憂鬱な日々を、スタイリッシュな映像でユーモラスに描き出したロック・ムービーだ。
8つの章仕立ての物語の中で、ブレットに片思い中の映画狂の美女・クレオとのもどかしい恋愛模様や、恋敵である“L.A.版ジャーヴィス・コッカー”デイモンとの奇妙な友情、恋多き母親の恋人・フランクとの交流などが、モノクロームの映像によって綴られていく。

監督は長年コンビで映画制作を続けてきたアリソン・アンダース(『フォー・ルームス』(95)、『グレイス・オブ・マイ・ハート』(96))とカート・ヴォス。今回、13年ぶりにタッグを組み、『ボーダー・レディオ』(87)、『Suger Town』(99/未公開)に続く、“南カリフォルニア3部作”の最終章となる本作を完成させた。

この映画は、クエインティン・タランティーノ、モンテ・ヘルマン、ガス・ヴァン・サント、イーサン・コーエンなどアメリカのインディペンデント映画を牽引する監督たちから様々な支援、協力を得ながら総製作費25,000ドル(250万円)で作り上げられた。

関連映画
「ストラッター」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)