リトル・ジョー screen ジャック

公式サイト: http://littlejoe.jp

第72回カンヌ国際映画祭女優賞受賞!新種の植物が花を咲かせるとき、かつて体験したことのない幸せがあなたを待っている。
【終了日:2020年11/6(金)】

【原題】Little Joe
【監督】ジェシカ・ハウスナー
【キャスト】エミリー・ビーチャム,ベン・ウィショー,ケリー・フォックス,キット・コナー
2019年/オーストリア,イギリス,ドイツ/105分/ツイン/DCP

オンラインチケット購入はこちら
10月24日(土)〜10月30日(金)
21:35〜23:20 [レイト]
10月31日(土)〜11月06日(金)
15:25〜17:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

ゾッとする幸せ。

人を幸福にする新種の花“リトル・ジョー”は、私たちにいったいどんな変化をもたらすのか──。美術、衣装、映像の全てがヴィヴィッドな色を基調とした本作は、どこかお伽話のように描かれる日常に不穏な空気が漂い、得体のしれない耽美な世界に観客を誘う。音楽は、日本人作曲家の故・伊藤禎司。尺八や和太鼓、琴など和楽器の音色で創り出される旋律が、、現代を舞台にしたスリラーの中に日本の怪談の雰囲気を演出している。監督は、『ルルドの泉で』の気鋭女性監督ジェシカ・ハウスナー。主演は、本作でカンヌ国際映画祭女優賞に輝き、世界から脚光を浴びているエミリー・ビーチャム。共演は『007』シリーズ出演の人気俳優ベン・ウィショー。

『story』

新種の植物開発に取り組む研究者のアリスは、息子のジョーと暮らすシングルマザー。彼女は、ある特殊な効果を持つ美しい真紅の花の開発に成功した。その花は、ある一定の条件を守ると、持ち主に“幸福をもたらす”というのだ。会社の規定を犯し、アリスは息子への贈り物として花を一鉢自宅に持ち帰り、“リトル・ジョー”と命名する。花が成長するにつれ、息子が奇妙な行動をとり始める。アリスの助手、クリスもリトル・ジョーの花粉を吸い込み、様子がいつもと違う。何かが少しずつおかしくなっていくその違和感は、果たしてこの植物がもたらしたものなのか・・・。

関連映画
「リトル・ジョー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)