UFO真相検証ファイルPart1/戦慄!宇宙人拉致事件の真実 screen ジャック

公式サイト: https://ufo-movie.com

驚異の映像と証言を満載したUFOドキュメンタリーの最新決定版!
【終了日:2020年10/23(金)】

【原題】Beyond the Spectrum: Being Taken
【監督】ダーシー・ウィアー
2018年/アメリカ/74分/TOCANA/DCP

オンラインチケット購入はこちら
10月09日(金)
18:15〜19:35
10月10日(土)〜10月11日(日)
21:50〜23:05 [レイト]
10月12日(月)〜10月16日(金)
17:50〜19:10
21:50〜23:05 [レイト]
10月17日(土)〜10月23日(金)
18:15〜19:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

人類に告ぐ、遭遇に備えよ

近年、世界中でUFOの目撃事例が激増し、また数多くのUFOアブダクション(宇宙人拉致事件)が 報告されている。この映画は宇宙人による拉致事件の 歴史を辿りながら具体的な実例を紹介し、実際の体験者たちの証言をはじめ各専門家の分析や 懐疑論者の反論まで、あらゆる視点から真実を検証する 戦慄のドキュメンタリーである。

【「私は、宇宙人に誘拐された!」
世界を驚愕させた2大拉致事件の全貌!】

記録に残っている最古の拉致事件は1896年に起きたカリフォルニア州ストックトンでのH・G・ショー大佐の誘拐事件と1897年テキサス州オーロラでのUFO墜落事件。
そうした歴史的事件から最新情報まで、世界中の宇宙人拉致事件を徹底網羅。そして、数ある拉致事件の中でも最も有名な2大事件、1961年に起き、全米を震撼させた「ベティ&バーニー・ヒル夫妻誘拐事件」と1975年に発生し、その後事件を基にパラマウント映画が『ファイアー・イン・ザ・スカイ/未知からの生還』(93)を製作したことでも知られる「トラヴィス・ウォルトン事件」については、当事者や関係者の貴重なインタビュー映像を集め、その事件の詳細な全貌を明らかにすると共に、改めて様々な角度から検証を試みる。

【UFO研究の最高権威VS.懐疑論の急先鋒、
次々と明かされる知られざる真実の数々!】

物理学者でアメリカにおけるUFO研究の第一人者でもあるスタントン・フリードマンを中心に、拉致被害者ベティ・ヒルの姪でフリードマンとの共著もあるキャスリーン・マーデン、200人以上の拉致被害者の証言をもとにベストセラー「アブダクション」を著したジョン・E・マックなど、このジャンルの著名専門家が総出演。一方、UFO懐疑論者の急先鋒フィリップ・J・クラスやスーザン・A・クランシーの論調や著作の検証や、FBIによるUFO事件の隠蔽工作、全米の政治家たちを集めて委員会や公聴会を開き、政府によるUFO情報の開示を求めるロビイスト、スティーヴン・バセットの活動なども登場。さらに89年にディーン・アリオトが製作したフェイク映像「UFO ABDUCTION」が、テレビ局によって真実の記録として報道されてしまった顛末など、驚愕の真実の数々が次々と明かされていく。宇宙人は実在し、すでに地球に来ている。人類はその準備ができているだろうか?

関連映画
「UFO真相検証ファイルPart1/戦慄!宇宙人拉致事件の真実」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)