もらとりあむタマ子 screen ベティ

逆ギレ、ぐうたら、口だけ番長。坂井タマ子、23才大卒、 ただ今、実家に帰省(寄生)中。前田敦子の女優としての新境地に目が離せない!

【監督】山下敦弘
【キャスト】前田敦子 , 康すおん , 伊東清矢 , 鈴木慶一 , 中村久美 , 富田靖子
2013年/日本/78分/ビターズ・エンド/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
12月21日(土)〜12月26日(木)
14:15〜15:40
19:50〜21:10 [レイト]
12月27日(金)
14:15〜15:40
12月28日(土)〜12月30日(月)
15:30〜16:50
20:25〜21:45 [レイト]
12月31日(火)
15:30〜16:50
1月02日(木)〜1月03日(金)
15:30〜16:50
20:25〜21:45 [レイト]
1月04日(土)〜1月10日(金)
20:20〜21:40 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(12/17(火)まで)
前売り券特典:ポストカード
パンフレットをネットショップで販売中
・関連パンフレット
「リアリズムの宿」「リンダリンダリンダ」「松ケ根乱射事件」をネットショップで販売中

タマ子の毎日――食べる、寝る、漫画を読む――
自分を肯定してばかりの"口だけ番長"タマ子の明日はどっちだ!?

タマ子、23歳。現在、無職。父がひとり暮らしをする実家で、家事を手伝うこともなく、就職活動をすることもなく、ただ食べて、寝て、マンガを読む生活を送っている。
テレビを見れば「ダメだな、日本は」とか「クソ暑いのに野球なんてよくやるよ」とか悪態をつき、近所の中学生には「あの人、友だちいないから……」と同情される、逆ギレばかりのぐうたら娘。
それでもなぜか愛おしいタマ子を、音楽、ドラマ、映画とさらに幅広い活躍を見せ、今年出演した『クロユリ団地』が国内映画ランキング初登場1位を記録した前田敦子が、かつてない多彩な表情で演じてみせた。待望の最新主演作は、“前田敦子史上もっともぐうたらな前田敦子”が姿を現す必見の一作。彼女の女優としての新境地から目が離せない!

東京の大学を卒業したものの、父がスポーツ用品店を営む甲府の実家に戻ってきて、無気力な日々を送るタマ子。
「就職活動してるのか?」という父の言葉に「その時が来たら動く。少なくとも今ではない!」と威勢がいいのか悪いのかわからない啖呵を切るが、秋から冬、そして春から夏へと季節が移りゆく中、タマ子の気持ちにも少しずつ変化が現れていく。履歴書を書き、就職への意欲を少しだけのぞかせるようになるタマ子。
そんな矢先、父に再婚話が持ち上がり、彼女の心は激しく揺れる――。口を開けばいつも言い合いばかりしている父と娘。でも本心では、父は奔放な娘を愛しく思い、娘は不器用な父を思いやっている。
モラトリアムな毎日を過ごすタマ子が、ゆっくりと新しい1歩を踏み出す四季の物語は、観る人をあたたかく穏やかな気持ちで包んでくれる。

「もらとりあむタマ子」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)