ようこそ映画音響の世界へ screen ベティ

公式サイト: http://eigaonkyo.com

あの音はどうやって作られたのか?ハリウッド100年の音の歴史がすべてある! 興奮と感動に満ちたドキュメンタリー
【終了日:2020年11/6(金)】

【原題】Making Waves: The Art of Cinematic Sound
【監督】ミッジ・コスティン
【キャスト】ウォルター・マーチ,ベン・バート,ゲイリー・ライドストローム,ジョージ・ルーカス,スティーブン・スピルバーグ,ロバート・レッドフォード
2019年/アメリカ/94分/アンプラグド/DCP

オンラインチケット購入はこちら
10月17日(土)〜10月23日(金)
15:40〜17:20
10月24日(土)〜10月30日(金)
13:05〜14:45
10月31日(土)〜11月06日(金)
09:00〜10:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

映画の感動を作り出す職人たち。
その知られざる仕事の秘密が明らかに。

【豪華映画人が語る、映画の“音”へのこだわり 音響に焦点を当てて、知られざる映画の歴史を振り返る】

1927年に初めての本格トーキー映画『ジャズ・シンガー』が誕生。それ以降、映画音響は今現在も少しずつ進化の道を歩んでいる。本作ではジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、デヴィッド・リンチ、アン・リー、クリストファー・ノーラン、ライアン・クーグラーなど、著名で独創的な映画監督たちが映画の“音”へのこだわりや芸術性を語るほか、映画の“音”において大きな影響をもたらした名作映画たちを振り返り、知られざる映画音響の歴史に迫る。

【映画の音を作るのは技術だけではなく才能の輪 仕事愛を語る裏方たち】

裏方として名作映画を手掛けてきた音響技術者たちが明かす、実際の創作と発見。オーソン・ウェルズやアルフレッド・ヒッチコックがもたらした革新、ビートルズが映画音響に与えた影響、チューバッカなど人気キャラクターたちがイキイキとして見える秘密など貴重な体験談を語る。映画音響とは、観客を作品世界に引き込んでいく未知なる音作り。それに挑み続ける技術者たちの飽くなき挑戦と、奥深き仕事愛を知れば、これからの映画鑑賞も違ったものになるだろう。

「ようこそ映画音響の世界へ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)