ノーコメント by ゲンスブール screen ジャック

愛されたくないが愛されたい。そう、それが私なのだ。才人・セルジュ・ゲンスブールの内面に迫る決定版ドキュメンタリー。

【原題】Je suis venu vous dire...
【監督】ピエール=アンリ・サルファティ
【キャスト】セルジュ・ゲンズブール,ジェーン・バーキン,シャルロット・ゲンズブール,ジュリエット・グレコ,ブリジット・バルドー
2011年/フランス/99分/アップリンク/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
11月23日(土)〜11月24日(日)
20:20〜22:00 [レイト]
11月25日(月)〜11月29日(金)
14:15〜16:00
20:20〜22:00 [レイト]
11月30日(土)〜12月06日(金)
12:15〜14:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

セルジュ・ゲンスブールの内面に迫る決定版ドキュメンタリー

作詞作曲家/シンガー/画家/映画監督/小説家/カメラマン、と多彩な顔を持ち異彩を放った才人セルジュ・ゲンスブール(1928.4.2─1991.3.2)。
没後20年を過ぎてもなお、多くの人々を魅了する。 今作は、ゲンスブールがテレビやラジオに出演した際の発言や未発表のコメントまで、20代から60代まで40年に及ぶ期間のゲンスブールが自身の内面を語った録音テープを元に構成された決定版ドキュメンタリーだ。

ブリジット・バルドー、ジェーン・バーキンをはじめ、愛娘シャルロット、バンブー、アンナ・カリーナ、ジュリエット・グレコ、ヴァネッサ・パラディといった女性たちの映像も彩りを添えている。
監督は、旧ソ連のトランペッター、エディ・ロズナーについてのドキュメンタリーでエミー賞を受賞したピエール=アンリ・サルファティ。

「ノーコメント by ゲンスブール」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)