最終目的地 screen ベティ

文芸作品の名匠ジェームズ・アイヴォリーが描く、人生の“最終目的地”
南米ウルグアイ、ひとりの青年の出現によって揺らぎはじめる4人の男女の愛

【原題】The City of Your Final Destination
【監督】ジェームズ・アイボリー
【キャスト】アンソニー・ホプキン,ローラ・リニー,シャルロット・ゲンズブール,オマー・メトワリー,真田広之
2009年/アメリカ/117分/ツイン/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
2月09日(土)〜2月15日(金)
16:00〜18:00
2月16日(土)〜2月22日(金)
10:00〜12:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

あきらめた愛、忘れてしまった愛、だけどここで最後の愛を見つける。

『眺めのいい部屋』、『ハワーズ・エンド』、『日の名残り』など、映画史に残る文芸作品の数々を生み出してきたジェームズ・アイヴォリー。繊細なウィット、美しい情景、そして運命的なロマンス。
小説のページを繰るように味わう、最高に洗練された文芸作品である本作は、まさに、現在84歳にして現役最高峰監督の名匠ジェームズ・アイヴォリーの集大成。

凛とした佇まいと裏腹に、過去に苦しみ、青年の伝記執筆を拒み続ける作家の妻キャロライン役には、アメリカの実力派女優ローラ・リニー。
青年の出現にとまどいながらも心惹かれていく作家の愛人アーデン役には、『アンチクライスト』の女優シャルロット・ゲンズブール。
作家の兄アダム役をアイヴォリー作品に欠かせない名優アンソニー・ホプキンス、アダムの恋人ピート役を『上海の伯爵夫人』に続きアイヴォリー作品2作目の出演となる真田広之。
国際的に活躍する俳優陣が、故郷といえる場所を持たず、漂うように生きながら、人生の“最終目的地”へと向かう人物たちを、静かにかつ情感豊かに演じ、その見事なアンサンブルによって格調高い物語を紡ぎだす。

南米ウルグアイの人里離れた邸宅に暮らす、自ら命を絶った作家の妻、作家の愛人と小さな娘、作家の兄とそのパートナーの男性。孤立し朽ちかけた屋敷で、漂うような暮らしを送っていた。
そこへ突然、亡き作家の伝記を書きたいというアメリカの青年がやってくる。妻キャロラインは頑なに伝記の執筆を拒み、兄アダムは公認を与える代わりに、青年オマーにある提案をもちかける。やがて浮上する作家の隠れた著作の存在。いつしか、愛人アーデンとオマーは互いに心惹かれあっていくが…。
ひとりの訪問者が止まっていた運命を動かす。そして辿り着く、それぞれの自分の居場所とは…。

「最終目的地」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)