マリー・アントワネットに別れをつげて screen ベティ

公式サイト: http://myqueen.gaga.ne.jp/

世界でいちばん、残酷な、片思い。
マリー・アントワネットと朗読係の少女、それぞれの愛の衝撃の行方とはー。

【原題】Les adieux a la reine
【監督】ブノワ・ジャコー
【キャスト】レア・セドゥー,ダイアン・クルーガー,ビルジニー・ルドワイヤン,グザビエ・ボーボワ,ノエミ・ルボフスキー
2012年/フランス,スペイン/100分/ギャガ/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
2月09日(土)〜2月15日(金)
14:05〜15:50
18:15〜20:00
2月16日(土)〜2月22日(金)
12:10〜13:50
18:10〜19:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

フランス革命勃発、宮廷朗読係の少女は心酔するマリー・アントワネットから世にも残酷な命令を受けるー。

華麗なる伝説に包まれ、今なお世界中から愛され続けているフランス王妃マリー・アントワネット。そのドラマティックな人生と悲劇の最期は、幾度となく映画化され、数々の名作を生み出して来た。そして今、マリー・アントワネットの物語でありながら、過去のものとは全く違うアプローチに挑んだ、新たな作品が誕生した。王妃の〈朗読係の少女〉という、かつてない視点を主役に据えて、ヴェルサイユの裏側に迫る野心作だ。
原作は、フランスで最も権威のある文学賞の一つであるフェミナ賞に輝き、ベストセラーとなったシャンタル・トマの「王妃に別れを告げて」(白水社刊)。朗読係を謎めいたキャラクターに変えて、物語に上質のサスペンスをもたらした監督・脚本は、フランス映画の重鎮、『トプカ』『イザベル・アジャーニの 惑い』のブノワ・ジャコー。本物のヴェルサイユ宮殿でのロケを敢行し、時代の香りを余すところなく伝えた。一方で、衣装やメイクは当時の豪華さに、現代風のアレンジも加えて再現、単なる歴史の記録ではなく、2012年にも通じるゴージャスな世界観を提示した。 あなたは、一人の少女の魂を通して目撃する。ただならぬ愛と、迫りくる死の緊迫に満ちた、ヴェルサイユ最後の日々を──。
1789年7月14日、いつもと変わらぬ優雅な朝を迎えたはずのベルサイユが、1枚の紙に震える。バスティーユが陥落し、王妃とその寵愛を受けるポリニャック夫人の名前も載った286名のギロチンリストが発表されたのだ。「ずっとおそばに。」朗読係のシドニーは心酔する王妃への忠誠を誓うが、王妃からは「ポリニャック夫人の身代わりに。」という思いもよらぬ非情な命令を受ける。
踏みにじられた愛、身を引き裂く嫉妬、生命の危険──果たして、果たして、シドニーの最後の選択とは──?

「マリー・アントワネットに別れをつげて」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)