ハイゼ家 百年 screen ジャック

遠い未来から家族の遺品を見つめる。ドイツ百年、全5章218分の家族史
【終了日:2021年7/30(金)】

【原題】Heimat ist ein Raum aus Zeit
【監督】トーマス・ハイゼ
【キャスト】トーマス・ハイゼ
2019年/ドイツ,オーストリア/218分/サニーフィルム/DCP

オンラインチケット購入はこちら
7月17日(土)〜7月23日(金)
15:20〜19:10
7月24日(土)〜7月30日(金)
09:00〜12:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥2,300 ¥2,000 ¥2,000
会員 ¥1,800 ¥1,800 ¥1,800
高校生以下・しょうがい者:¥1,800
約10分の途中休憩あり/サービスデー対象者1800円/特別料金のため、無料鑑賞はご利用いただけません。

全ての歴史は、個人に宿る。在りし日の家族と故郷ー

本作品は旧東ドイツ出身の映画監督トーマス・ハイゼの家族が19世紀後半から保管してきた遺品(日記、手紙、写真など)を使い、ハイゼ家が歩んだ激動の百年を監督自らのモノローグで3時間38分語る驚異的な作品である。
家族の遺品が伝える歴史は第一次世界大戦に始まり、ホロコーストによって引き裂かれた家族の過去、熾烈を極めた空襲、戦後のシュタージ(秘密警察)による支配、そして、ベルリンの壁崩壊後も終わらない戦争と分断に失望する東ドイツの人々の感情について語る。引用に次ぐ引用—— 作中に積み重ねられた言葉は戦争証言にとどまらず、分断や差別、言論の自由、ジェンダー論、そしてアイデンティティの問題など現代的なテーマに及ぶ。
ベルリンの壁崩壊から30年目に完成した21世紀映画史に名を刻む大作ドキュメンタリーの日本公開。

関連映画
「ハイゼ家 百年」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)