歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3.11をたずねて screen ジャック

公式サイト: https://hyoryu-post.com

岩手県陸前高田市で、返事のこない手紙を受け取り続ける「漂流ポスト」をテーマにしたドキュメンタリー【終映日:2022年3月18日(金)※1週間限定上映】

【監督】野村展代
【キャスト】升毅,伊嵜充則,三浦貴大,比嘉愛未
2021年/日本/90分/アークエンタテインメント/DCP

オンラインチケット購入はこちら
3月12日(土)〜3月18日(金)
09:15〜10:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
3/12(土)09:15回上映後、トークショー開催

■登壇予定者:
升毅さん、野村展代監督

■料金:通常料金/全席指定 (各種前売り券・特別鑑賞券使用可)

■チケット発売
オンラインチケット・劇場窓口ともに、上映日の3日前より発売開始

<ご注意事項>
※登壇者は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
※チケット1枚につき1名様入場可。
※各種割引を適用される場合は、年齢など各種証明書が人数分必要です。
※チケット購入後はいかなる事情が生じましても変更及び払戻しはいたしかねます。
※転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※劇場内でのカメラ(携帯カメラ含む)、ビデオなどによる撮影、録音等は固くお断り致します。
※途中入場は一切できません。

旅路で出逢った言葉を綴り
悲しみを抱きしめたまま生きて行く―

東日本大震災の被災地・岩手県陸前高田市で返事のこない手紙を受け取り続ける「漂流ポスト」を題材にしたドキュメンタリー。震災ボランティアを経験した野村展代監督が、大切な人を亡くした人々の心の拠り所として存在する漂流ポストに感銘を受け、2016年より取材を続けて映画化を決意。当初は佐々部清監督による劇映画として企画されていたが、資金繰りや内容の折り合いが上手くいかず、一度は企画をストップしながらもドキュメンタリー映画として再出発した。佐々部氏のサポートも受け、野村監督の初メガホンで再び企画が動き始めた矢先、佐々部氏が急逝する。映画では、佐々部氏の盟友である俳優の升毅が、佐々部氏ゆかりの地や親しかった人々を訪ねる旅に出る。佐々部氏が生前に果たせなかった被災地での映画作りを思い、陸前高田市へと足を運んだ彼は、そこで漂流ポストや被災地の現在の姿と出会う。佐々部監督の遺作「大綱引の恋」に参加した俳優の伊嵜充則、三浦貴大、比嘉愛未、中村優一らも出演。

【STORY】
東日本大震災から10年。岩手県陸前高田市にひっそりと佇む森の小舎「漂流ポスト3.11」。
そこは、亡くしてしまった大事な人への手紙を受け取り続ける不思議な場所。

遺影に手を合わせる1人の男性の姿。
2020年3月に急逝した映画監督:佐々部清氏に想いを馳せる俳優:升毅。
「監督のよーいスタートがないのにカメラが回っているのが不思議な気がする…」

喪失感を抱えたまま、佐々部氏ゆかりの地や親しかった人々を訪ねる旅に出る升毅。
佐々部監督が抱いていた被災地での映画作りへの思い、そこで出会った「漂流ポスト3.11」と被災地の姿。

旅先でのインタビューを重ね「生きること」を考え、感じ、歩いていく升。 そこに今を生きることへの答えへはあるのか―― 。

「歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3.11をたずねて」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)