オン・ザ・ロード screen ジャック

自由を夢見て、終わらない旅へー。ジャック・ケルアックの伝説的小説を完全映画化!

【原題】On the Road
【監督】ウォルター・サレス
【キャスト】サム・ライリー,ギャレット・ヘドランド,クリステン・スチュワート
2012年/フランス,イギリス,アメリカ,ブラジル合作 /139分/ブロードメディア・スタジオ /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
1月25日(土)〜1月31日(金)
15:25〜17:50
20:00〜22:20 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

世界中のアートや思想に決定的な影響を与えた、不朽のビート文学を完全映画化

ジャック・ケルアックが1957年に発表した「路上/オン・ザ・ロード」は、1950年代アメリカのビート・ジェネレーション文学の代表作であり、その後のカウンターカルチャーの時代に“ヒッピーの聖典”となった青春小説の名作である。
ケルアックが全米各地とメキシコを放浪した実体験をベースに、わずか3週間で書き上げたという逸話も語り継がれるこの名作は、ボブ・ディランに「僕の人生を変えた本」と言わしめ、ジム・モリソン、ジョン・レノン、ブルース・スプリングスティーン、ニール・ヤングといったミュージシャンや、デニス・ホッパー、ジム・ジャームッシュ、ジョニー・デップらの映画人に多大な影響を与えた。そればかりか21世紀の今も新しい世代の読者を獲得し、世界中の若者たちの心を揺さぶり続けている。

この物語の普遍性および現代性は、行き当たりばったりの旅を通して自由を追い求め、人生の真実を見出そうとする若者たちのひたむきな渇望にある。
恋愛と友情、セックス、ドラッグ、ジャズに彩られた青春模様は、誰もが通過する“青年から大人へ”の道程に光をあて、生きることのはかなさや孤独をもあぶり出す。その喜びや切なさをいきいきと凝縮した本作は、アメリカ各地はもちろん、カナダ、メキシコ、アルゼンチンでも撮影を実施し、雄大な風景をみずみずしく捉えた青春ロードムービーとなった。同時にこの映画は「路上/オン・ザ・ロード」の誕生秘話でもあり、主人公サルがほとばしる情熱とともにタイプライターと向き合い、自らの人生を変えた“路上の日々”を書き記していく姿が感動を呼び起こす。

関連映画
「オン・ザ・ロード」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)