アルバート氏の人生 screen ジャック

公式サイト: http://albert-movie.com/

本当の自分は、タキシードの下に隠して生きてきた。
『美しい人』名匠ロドリゴ・ガルシア監督最新作。

【原題】Albert Nobbs
【監督】ロドリゴ・ガルシア
【キャスト】グレン・クローズ,ミア・ワシコウスカ,アーロン・ジョンソン,ジャネット・マクティア
2011年/アイルランド/113分/トランスフォーマー/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
2月16日(土)〜2月22日(金)
13:50〜15:45
18:05〜20:00
2月23日(土)
10:00〜12:00
15:55〜17:50
2月24日(日)〜2月25日(月)
15:55〜17:50
2月26日(火)〜3月01日(金)
10:00〜12:00
15:55〜17:50
3月02日(土)〜3月03日(日)
10:00〜12:00
3月04日(月)〜3月08日(金)
10:00〜12:00
16:05〜18:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、有隣堂伊勢佐木町本店
前売り券特典:ポストカード(劇場分のみ)

40年以上も<秘密>を抱えて暮らす、アルバート。

19世紀アイルランド。モリソンズホテルでウエイターとして働くアルバート。人付き合いを避け、ひっそりと生活しているアルバートは、長年誰にもいえない重大な秘密を隠して生きてきた。それは“彼”が貧しく孤独な生活から逃れるため、男性として生きてきた“女性”だったということだった…。
ある日、ハンサムなペンキ屋のヒューバートがアルバートの働くホテルにやってきた。自分らしく生きる彼の存在に影響され、アルバートは自ら築き上げてきた偽りの人生を崩し、本当の自分らしさを取り戻していく。不遇な人生を生き抜くために男性として孤独に生き、女性としての真のアイデンティティを見失ったアルバートが、自分らしく生きる≪希望の扉≫を開き始める。

大女優グレン・クローズが、オフ・ブロードウェイで舞台版『アルバート・ノッブス』(シモーネ・ベンムッサ作・演出)の主役アルバート・ノッブスを演じたのは1982年のこと。その演技でオビー賞を獲得した彼女は以来、「死ぬ前にこの役を大スクリーンで演じなければならない」という覚悟を抱き、この映画化実現こそが彼女の“ライフワーク”となって、プロデューサー、共同脚本家、主演女優として、実に30年以上にわたって夢の実現のために邁進してきた。

原作は、アイルランド人作家ジョージ・ムーアの短編小説「The Singular Life of Albert Nobbs」。監督には、『彼女を見ればわかること』(01)や『美しい人』(05)のコロンビア人映画作家ロドリゴ・ガルシア。『百年の孤独』や『予告された殺人の記録』で知られるコロンビア人ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスを父に持つ同監督が、その珠玉の脚本に惚れ込んで快諾した。

「アルバート氏の人生」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)