ヴィクトリア screen ベティ

行き詰まるアメリカの若者たちの目線の先に映るものは理想郷かそれとも世界の終わりか。【終映日:2022年3月18日(金)※1週間限定上映】

【原題】Victria
【監督】イザベル・トレネール,リザベス・デ・ケゥラール
2020年/ベルギー/71分/サニーフィルム/DCP

オンラインチケット購入はこちら
3月12日(土)〜3月18日(金)
20:30〜21:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
「クレストーン」「ヴィクトリア」相互割引あり|片方の半券提示でもう一方の作品(2本目)が一般1500円に割引

理想郷かそれとも世界の終わりか。

『ヴィクトリア』
ロスから2時間車で内陸に移動したところにあるカリフォルニア・シティ。ここは60年代にある富豪がロスに次ぐ街として開発しようとした地だ。その富豪は砂漠に大量の道を作りゴルフコースを作るとそのまま消えた。波乱に満ちたコンプトンでの暮らしを捨て人生をやり直すためにこの地に移り住んだ青年ラシェイ T. ウォーレン。ラシェイにとって荒野は希望の光を灯すユートピアであった。新進気鋭のベルギー出身の女性3人組によるクリエイティブ・ドキュメンタリーは2020年ベルリン国際映画祭フォーラム部門で最高賞を獲得する。

監督:イザベル・トレネール、ソフィー・ベノート、リザベス・デ・ケウラール
2020年|ベルギー|英語|カラー|ドキュメンタリー|71分
日本語字幕 スティーブン有田 第70回ベルリン国際映画祭フォーラム部門カリガリ賞

関連映画
「ヴィクトリア」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)