ある愛へと続く旅 screen ベティ

公式サイト: http://www.aru-ai.com/

愛した記憶を巡ってーいま真実のあなたに会いにゆく

【原題】Venuto al mondo
【監督】セルジオ・カステリット
【キャスト】ペネロペ・クルス,エミール・ハーシュ,アドナン・ハスコビッチ,サーデット・アクソイ,ジェーン・バーキン
2012年/イタリア,スペイン/129分/コムストック・グループ/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
1月11日(土)〜1月17日(金)
09:50〜12:00
18:10〜20:20
1月18日(土)〜1月24日(金)
11:55〜14:10
20:10〜22:20 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

誰もが驚嘆!母なるペネロペ・クルス。

ローマに暮らすジェンマ(ペネロペ・クルス)のもとに、ある日1本の電話がかかってきた。それは青春時代を過ごしたサラエボに住む旧い友人ゴイコ(アドナン・ハスコヴィッチ)からのものだった。ジェンマは16歳になる息子ピエトロ(ピエトロ・カステリット)との難しい関係を修復するためにも、彼を伴って自らの過去を訪ねる旅に出ることを決意する。

イタリア人のジェンマが留学先に選んだのは旧ユーゴスラビア。
東ヨーロッパのバルカン半島に位置し、文化の香りを放ち、美しい都市をもつことで知られたこの地域は、やがてヨーロッパ近代史に残る血塗られた民族紛争の舞台となる。
この忘れ得ぬ記憶をたどる映画は、イタリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチアの各地を横切りながら、そこに集い、めぐり会い、刻まれた人々の記憶を時代と共にたどる心の旅でもある。

主人公ジェンマを演じたのは、『バニラ・スカイ』(’01)『ボルベール〈帰郷〉』(’06)『それでも恋するバルセロナ』(’08)など才能ある監督や実力派俳優たちとの作品を通じて、華々しい活躍をみせるスペインを代表する世界的女優ペネロペ・クルス。本作では初々しい女子大学生の時代から16歳の高校生の息子と向き合う母親まで、女性としての長い年月をリアルに体現した。

恋して輝く女性の笑顔、幸福になるはずだった結婚生活から愛する人を失った悲しみ、子供との難しい関係に直面する母親の顔、月日を経て真実に向き合い、もう一度深い愛を知った時に流す涙…観る者を共感させずにはいられないその演技に誰もが驚嘆し、称賛を送った。出会った瞬間から恋に落ち、後にジェンマと結ばれるディエゴを演じたのは『イントゥ・ザ・ワイルド』で鮮烈な印象を残し、その後も若き演技派俳優としてめざましい活躍を見せるエミール・ハーシュ。正義感と優しさに溢れるカメラマン、ディエゴは彼の新たなキャリアを決定的なものにした。

「ある愛へと続く旅」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)