家路 screen ベティ

喜びも苦しみも、笑顔も涙もすべてここにあった。3月11日ーあの日、故郷を失った家族の再生の物語。

【原題】家路
【監督】久保田直
【キャスト】松山ケンイチ,田中裕子,安藤サクラ,内野聖陽,山中崇
2014年/日本 /118分/ビターズ・エンド /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
3月01日(土)〜3月07日(金)
12:00〜14:05
16:20〜18:20
20:25〜22:20 [レイト]
3月08日(土)〜3月14日(金)
13:40〜15:40
18:15〜20:15
3月15日(土)〜3月21日(金)
10:05〜12:10
3月22日(土)〜3月28日(金)
16:10〜18:15
3月29日(土)〜4月04日(金)
12:20〜14:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(2/24(月)まで)有隣堂伊勢佐木町本店
前売り券特典:オリジナルポストカード※劇場分のみ

予想だにしていなかった未曾有の状況を前に、人はどのように生きるのか―。

映画『家路』は、日本の原風景ともいえる厳しいながらも美しい自然の中で、農作物という命を育て、先祖代々受け継いできた土地を守りながら生きてきた、ある農家を描く。
彼らにとって、土地を突然に奪われることは、故郷や生活の糧だけでなく、農民の誇りを失うということでもある。その事態に農家の長男として生きてきた兄は絶望し、苦悩する。それは誰の身にも起こりうる人間としての誇りや生き甲斐の喪失、そして人間という存在のか弱さをも映し出す。
ドキュメンタリー出身の久保田監督ならではの確かな視点は、震災後の福島の被災地を舞台にしながらも、本作を“被災地の物語”にとどまらせず、「家族とは」「生きるとは」「人間の誇りとは」「命とは」と観るものに問いかける普遍的な物語へと昇華させた。

主人公・次郎役には、松山ケンイチ。葛藤を乗り越え、無人になった故郷で生きることを決意するその姿は、困難を乗り越える人間のたくましさを見事に体現する。
兄の総一役には演技派俳優として映画やドラマ、舞台と幅広く活躍する内野聖陽。先祖代々受け継いできた土地と家業を震災によって失うという異常事態を前に戸惑い悩みながらも、生きぬく決意をする総一を、綿密な役作りで好演した。
さらに、母・登美子役に日本屈指の女優田中裕子、総一の妻・美佐役に若手本格派女優の一人、安藤サクラ。そして、次郎の同級生・北村役に山中崇、総一の友人に田中要次と光石研、家族を支配する父親に石橋蓮司という魅力的な俳優たちが集結した。

関連映画
「家路」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)