霧幻鉄道 只見線を300日撮る男 screen ジャック

被災復活の只見線、過疎地域の蘇りを導く一人の写真家の情熱物語
【終映日:2022年10/14(金)】

【監督】安孫子亘
【キャスト】星賢孝
2021年/日本/80分/きろくびと/DCP

オンラインチケット購入はこちら
10月01日(土)〜10月07日(金)
12:55〜14:25
10月08日(土)〜10月14日(金)
11:05〜12:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,200
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★10/1(土)12:55回上映後、トークショー開催
登壇者(予定):安孫子亘監督(リモート)、
DAIJIさん(本作音楽プロデューサー)
※DAIJIさんによるミニライブあり

★10/9(日) 11:05回上映後、トークショー開催
登壇者(予定):大竹恵子さん(色鉛筆作家・本作出演)
10/9(日)のみ先着20名さまに奥会津の間伐材で作った割り箸2膳セットを進呈!

2021年―福島で起きたもうひとつの災害は
ローカル線復活の奇跡のストーリーを生んだ

2011年7月、あの東日本大震災3.11からわずか4か月後のこと。新潟県と福島県を襲った集中豪雨はJR只見線の鉄橋を押し流し沿線に大きな被害を与えた。静かに暮らす田舎のローカル線にとって致命傷となる決定的な損害である。廃線か存続か?地元では只見線を愛する応援団が小さな声をあげ存続を求めた。長い協議の末、地域住民の熱い想いが実り、奇跡的に全線復旧が実現した。喜びの反面、復旧後の赤字を解消できるのか?問題は山積した。その中で、すでに故郷の存続危機を案じ活動している一人の写真家がいた。年間300日、只見線と奥会津の絶景を数十年撮り続けている郷土写真家 星賢孝。撮った写真をSNSで毎日のように世界に発信した。地道な努力が実り次第に海外から只見線を撮る観光客が増えて行った。星賢孝は50年前に消滅した「渡し船」も復活させ、押しも押されぬ観光スポットを創り上げた。さあ、これからという矢先に”コロナウイルス”に止められた。この映画は、郷土写真家 星賢孝と陰となって只見線を支えている人々にスポットをあて、3.11に隠れた福島の大きな被災を記録した作品である。気候変動の走りでもある異常気象と被災鉄道の再建を通して「美しい自然」と「恐ろしい自然」が隣り合わせにある尊い自然環境。それを生み出す我々人類の暮らしを見つめ直す原点回帰を想う作品となる事を願っている。

関連映画
「霧幻鉄道 只見線を300日撮る男」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)