タリウム少女の毒殺日記 screen ベティ

2005年の母親毒殺未遂事件を起こして世間を騒がせた「タリウム少女」をモチーフとした問題作!

【原題】タリウム少女の毒殺日記
【監督】土屋豊
【キャスト】倉持由香,渡辺真起子 ,古舘寛治 ,Takahashi,川崎流空
2012年/日本 /82分/アップリンク /ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
3月15日(土)〜3月18日(火)
20:20〜21:40 [レイト]
3月19日(水)〜3月21日(金)
16:55〜18:25
20:20〜21:40 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・3/21(金・祝)16:55回上映後、土屋豊監督によるQ&A開催
パンフレットをネットショップで販売中

物語なんて ないよ プログラムしか ないんだよ。

2005 年、タリウムによる母親毒殺未遂事件が起きた。 世間を騒がせた「タリウム少女」が綴ったブログには、動物を観察するのと同じように、母親を観察する記録が存在した。そのブログからは、全てを傍観する「観察者」としての少女の一面が浮かび上がってくる…。

そして今、彼女をモチーフにして≪架空のタリウム少女≫が作り出された。
新たに作り出されたタリウム少女は、あらゆるシステムを飛び越え、本当の自由を手にするためにある決断を下すのだった。

主演はインターネット世代に絶大な支持を得る倉持由香。そして母親役には渡辺真起子、教師役には古舘寛治など、個性的な演技に定評のある実力派俳優陣が脇を固める。監督は、『新しい神様』や『PEEP "TV" SHOW』などで国際的な評価が高い土屋豊。身体改造アーティストや生物学者、美容整形外科医など各界で活躍している実在の人物も登場させ、現実と非現実が融合するハイブリッドな世界を作り出した。
ロッテルダム国際映画祭上映後には観客の一部からバッシングの声も出る一方で、その後も多数の国際映画祭から出品オファーが殺到。今まで誰も体験したことのないメタフィクション映画が、ここに誕生した!

関連映画
「タリウム少女の毒殺日記」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)