ドラッグ・ウォー 毒戦 screen ジャック

香港ノワールの巨匠、ジョニー・トー監督が新機軸を打ち出して描く、現代中国の“闇”

【原題】毒戦 Drug War
【監督】ジョニー・トー
【キャスト】ルイス・クー,スン・ホンレイ,クリスタル・ホアン ,ウォレス・チョン,ラム・シュー
2013年/香港,中国 /106分/アルシネテラン /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
5月24日(土)〜5月30日(金)
19:00〜20:45 [レイト]
5月31日(土)〜6月06日(金)
15:40〜17:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

毒には、毒を見舞え。

爆発事故があったコカイン製造工場から車で逃亡した後、衝突事故を起こし、病院に担ぎ込まれた香港出身の男・テンミン。中国公安警察の麻薬捜査官・ジャン警部は、彼が麻薬取引に大きく関わっていると察し、死刑と引き換えに捜査協力を要請する。かくして、テンミンはジャン率いる捜査チームとともに、黒社会の大物相手に架空取引を仕掛けることになる。
だが、その極秘潜入捜査によって、中国全土だけでなく、香港・韓国・日本をも巻き込んだアジア麻薬シンジケートの存在が明らかになる…。
組織壊滅のため、危険を顧みることなく、不眠不休で任務に挑む、ジャン率いる潜入捜査官たち。そして、その言動が謎で、敵か味方か分からない男・テンミン。両者の息詰まる心理戦が繰り広げられるなかで現れる、クセ者揃いの取引相手。そして、彼らにとって最大の敵となる、“香港の七人衆”とは何者なのか?

緻密に組み立てられたストーリーとスリリングな演出で観る者を釘付けにするのは、『エレクション』『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』など、現代香港ノワールの巨匠、ジョニー・トー監督。映画ファンだけでなく、タランティーノなど世界のクリエイターからも絶大な支持を受ける彼が、記念すべき監督50作目にして、初めて表現規制の厳しい中国本土でアクション大作に挑む!
ワイ・ガーファイやヤウ・ナイホイなど、トー作品ではおなじみの脚本家チームが描く公安警察と組織の攻防戦を通じ、意欲的に現代中国の“闇”を映し出す本作。従来のノワール・テイストとは一線を画した、超絶ガン・アクションを盛り込むなど、新機軸を打ち出すほか、観る者を唖然とさせる衝撃のクライマックスを用意している。

関連映画
「ドラッグ・ウォー 毒戦」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)