胸騒ぎの恋人 screen ベティ

カンヌ映画祭で三冠!鮮烈のデビュー作『マイ・マザー』から一年、グザヴィエ・ドランが20歳で再びカンヌへ。

【原題】Les amours imaginaires
【監督】グザビエ・ドラン
【キャスト】モニア・ショクリ,ニールス・シュナイダー, グザビエ・ドラン
2010年/カナダ/102分/ピクチャーズデプト/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
4月26日(土)〜5月02日(金)
19:05〜20:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

男女の奇妙な三角関係を描くカラフルなラブストーリー

初監督作『マイ・マザー』がカンヌ映画祭で鮮烈なデビューを飾り、最注目の怪童=アンファン・テリーブルとして世界の映画界を驚かせたグザヴィエ・ドラン。
翌年20歳で監督した本作がふたたびカンヌ映画祭に選出され、同映画祭ディレクターから「エキサイティングな新世代の一人」と絶賛された。本作では監督、脚本に留まらず、プロデューサー、主演、編集、コスチューム、アートディレクションも務めるなど、ドランワールドがさらに絢爛に花開く、恋の代表作。

親友​の​マリーと同じ彼、​ニコラを好きになってしまったフランシスの視点で描かれ​る本作でドランは、恋に落ちる過程の検証を試み、片思いの苦悩に肉薄する。
​2人は内心ニコラにぞっこんなのに悪口を言って相手の腹を探ってみたり、ニコラの思わせぶりな仕草に期待を持ったり​…。
押し寄せるのは、もどかしさ、ほろ苦さ​、​ジェラシー​、探り合い、駆け引き​——。出会いに始まり、涙で終わる、切ない恋心。ティーンなら誰もが味わうポエティックなカオスを、ポップなカラーアート、ヴィンテージの服、クラシックな音楽​で再現。ドラン​ならではの​異形な恋の​スタイルが​スクリーンに溢れ出す傑作ラブストーリー。

関連映画
「胸騒ぎの恋人」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)