千年の愉楽 screen ジャック

2012年10月に急逝した若松孝二監督遺作!
中上健次の代表作を映画化。

【監督】若松孝二
【キャスト】寺島しのぶ,佐野史郎,高良健吾,高岡蒼佑,染谷将太
2011年/日本/118分/若松プロダクション、スコーレ/DCP上映(ベティ) or ブルーレイ上映(ジャック)※上映館はお問い合わせ下さい。

オンラインチケット購入はこちら
3月23日(土)〜3月29日(金)
10:10〜12:15
12:15〜14:20
3月30日(土)〜4月05日(金)
14:20〜16:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
※舞台挨拶回(3/9(土)16:15回/19:10回)は、一律1800円となります。
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、有隣堂伊勢佐木町本店
「千年の愉楽」初日舞台挨拶
▽開催日時:※両回30分程度
 3/9(土)16:15回(上映後)/19:10回(上映前)
▽予定ゲスト:
 寺島しのぶさん、佐野史郎さん、
 高岡蒼佑さん、井浦新さん、高良健吾さん
▽料金:一律1800円

※当日はチケット記載の整理番号順にご入場。
 入場後は自由席となります。
※前売券1300円をすでにお持ちのお客様は、
 差額500円で専用チケットに交換させて頂きます。
※招待券・ポイントカードによる無料鑑賞は
 ご利用頂けません。

若松孝二が最後に放つ紀州の路地に溢れる命の讃歌ー。
中上健次の世界が、今、時空を超えて甦る。

女は孕み、子が生まれ、路地から人が溢れ出す。
あの世よりはこの現世へ 生きてあることこそバンバイよ…。

紀州が生んだ鬼才・中上健次の代表作『千年の愉楽』を、若松孝二が映画化。
舞台となったのは、眼下に美しい尾鷲湾を見下ろし、背後には紀州の深い緑が連なり、斜面に建つ趣ある家々を縫って小さな路地が巡る、三重県尾鷲市の静かな集落、須賀利。
昭和の薫りが色濃く漂うこの集落で若松孝二が描き上げたのは、匂い立つような命、不条理ゆえに美しい命の讃歌である。

紀州の路地に生を受け、女たちに圧倒的な愉楽を与えながら、命の火を燃やしつくして死んでゆく、美しい中本の男たち。
その血の真の尊さを知っているのは、彼らの誕生から死までを見つめ続けた路地の産婆・オリュウノオバだけである。
年老いて、いまわの際をさまよい続けるオリュウの胸に、この路地に生を受け、もがき、命を溢れさせて死んでいった美しい男たちの物語が甦る。

己の美しさを呪うように、女たちの愉楽の海に沈んでいった半蔵。火を噴くように生きていたいと切望し、刹那の炎に己の命を焼き尽くした三好。路地から旅立ち、北の地で立ち上がろうともがいて叩き潰された達男。
生きよ、生きよ、お前はお前のまま、生きよと祈り続けたオリュウ。

うたかたの現世で、生きて死んでいく人間を、路地の人間の生き死にを、見つめ続けたオリュウの声なき祈りが、時空を越えて路地の上を流れていく。

「千年の愉楽」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)