Go for Broke!ハワイ日系二世の記憶 screen ジャック

公式サイト: http://nacj.blog133.fc2.com/

わたしが目にしたオールド・ハワイの日系社会
わたしが経験した戦争の真実、すべての記憶を、今ここに語ろう…

【監督】松元裕之
2012年/日本/98分/特定非営利活動法人NAC-J/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
3月16日(土)〜3月20日(水)
10:10〜11:55
3月21日(木)〜3月22日(金)
10:10〜11:55
16:15〜18:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
▼3/9(土)開催イベント
ミニフラダンスショー(上映前)
松元裕之監督による舞台挨拶(上映後)

▼3/10(日)開催イベント
松元裕之監督による舞台挨拶(上映後)

ホノルル・フィムル・アヲード〈ベスト・オブ・ハワイ〉受賞!マウイ映画祭プレミア上映作品!

年間多くの日本人観光客が訪れるハワイでは、それほど英語の必要がなく、地元の人々が歓迎してくれます。
しかしそれも、日系移民の末裔の人々が長い年月をかけて、ハワイの社会に果たして来た役割に負うところが大きいのです。その日系人の立場を好転させ飛躍的に向上させたのが、二世の大戦時の功労でした。
本作は、日系二世の退役軍人とその妻たち34名のインタビューを中心にまとめられたドキュメンタリーです。

しかし戦争の話だけではありません。
「両親はどこから来て何をしていたのか」「どんな家に住み、家庭内での言葉は?」「流行した遊び」「沖縄人に対する差別」「異民族との間に生まれたHAPA(ハーフなどの意)への差別」「戦争時にどういった経験をしたのか」

およそ80年以上前のハワイの様子など、二世は何を見て、どう感じたのかを余すところ無く語った、まさに「もう一つの日本史」です。
みんなの「恩を受けたら礼を返す」想いが集約された作品!映画制作のきっかけは、監督がハワイの日系社会に世話になったお礼を返すことでした。そしてハワイアンミュージックを代表する参加ミュージシャン達も「二世には世話になった」と楽曲の提供を申し出てくれ、出演する二世の多くも「貧乏だったけど不自由無く育ててくれた親や地域に恩を返すのは当然だった。だから志願した」という精神性を持ち合わせていました。「恩を受けたら礼を返す」。
当たり前のことが忘れられている現代において、本作はあらためて「日本らしさ」を問い直しています。
なお、本作の収益は、ハワイの日系の子供達が通うカンシャ・プリスクールのサポートに活用されます。

「Go for Broke!ハワイ日系二世の記憶」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)