罪の手ざわり screen ベティ

この世の定めか、ああ無常ー。
第66回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞、
ジャ・ジャンクー監督最新作!

【原題】天注定 A Touch of Sin
【監督】ジャ・ジャンクー
【キャスト】チャン・ウー,ワン・バオチャン,チャオ・タオ ,ルオ・ランシャン
2013年/中国,日本/129分/ビターズ・エンド,オフィス北野/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
6月14日(土)
09:45〜11:55
13:55〜16:05
6月15日(日)〜6月16日(月)
13:55〜16:05
6月17日(火)〜6月20日(金)
09:45〜11:55
13:55〜16:05
6月21日(土)〜6月27日(金)
09:50〜12:00
18:10〜20:25
6月28日(土)〜7月04日(金)
12:20〜14:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(6/10(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店
前売り券特典:ポストカード
パンフレットをネットショップで販売中
・ジャ・ジャンクー監督作品のパンフレットも発売中!
「世界」「青の稲妻」「プラットホーム」「一瞬の夢」「四川のうた」

日々をひたむきに生きる"ごく普通の人々"は、なぜ罪に触れてしまったのか?
その真実に世界が震え、共感の涙を流した、衝撃と慟哭の物語。

村の共同所有だった炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒った山西省の男。妻と子には出稼ぎだと偽って強盗を繰り返す重慶の男。客からセクハラを受ける湖北省の女。ナイトクラブのダンサーとの恋に苦悩する広東省の男――。彼らが起こす驚愕の結末とは? ごく普通の人びとである彼らはなぜ罪に触れてしまったのか?

中国でここ数年に実際に起こった4つの事件を基に、急激に変貌する社会のなかで、もがき苦しみながらもひたむきに生きる人たちをパワフルかつセンセーショナルに描く濃厚な人間ドラマの傑作が誕生した。
本作は第66回カンヌ国際映画祭に出品され、その画力の強さ、構成のすばらしさ、社会性と娯楽性ゆたかな物語で観客を圧倒し共感の喝采を浴びた。上映に駆けつけたトニー・レオンはスタンディングオベーションと共に「すばらしい!」と手ばなしの称賛を贈り、チャン・ツィイーは「映画の新しい力を示してくれた」と感激のコメント。審査員長のスティーブン・スピルバーグやニコール・キッドマンらも絶賛し、見事脚本賞を受賞した。

名匠ジャ・ジャンクーがヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)を受賞した『長江哀歌』(06)以来、7年ぶりに手がけた長編劇映画となる本作。
デビュー作『一瞬の夢』以来、一貫していまを生きる人びとを、彼らと同じ目線で見つめてきたジャ・ジャンクーの真摯なまなざしは、罪びとたちが主人公であるこの作品でも変わらない。と同時に、これまでにない衝撃的な描写で彼らの葛藤や心情の爆発を描いたこの映画は、ジャ・ジャンクーが到達した新境地にして最高傑作であると言えよう。
また、『活きる』『こころの湯』のチァン・ウー(姜武)、『イノセントワールド/天下無賊』《Lost in Thailand》のワン・バオチャン(王宝強)、共に映画・ドラマで活躍する中国の人気俳優が出演し、特筆すべき名演を披露しているのも見逃せない。

関連映画
「罪の手ざわり」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)