同じ星の下、それぞれの夜 screen ベティ

公式サイト: http://www.onajihoshi.com/

富田克也、冨永昌敬、真利子哲也が、アジア各国で“ラフ&ピース”を競作

【監督】富田克也,冨永昌敬,真利子哲也
【キャスト】川瀬陽太,Ai,ムーディ勝山,阿部真里,山本剛史,スン・ジェニー
2012年/日本/110分/よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
3月23日(土)
20:00〜21:50 [レイト]
3月24日(日)〜3月29日(金)
16:15〜18:10
20:00〜21:50 [レイト]
3月30日(土)〜4月05日(金)
18:30〜20:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)

3人の気鋭監督、富田克也、冨永昌敬、真利子哲也がコラボしたアジア発信の最新作!

『同じ星の下、それぞれの夜』は、我が国を飛び出した日本人たちが、同じ時間に、アジアの国々で体験する小さな“奇跡”を描いたオムニバス映画だ。
タイでは売れない俳優が現地のふたりの女性と一緒に首都バンコクから北の田舎街チェンライを目指し、フィリピンには日本のテレビマンが現地に赴任している恋人の心を取り戻すために何度も日本から日帰りでやってくる。さらにマレーシアでは、帰国間際の日本のビジネスマンが、ひょんなことからヤギを連れた地元の少女の母親探しの小さな旅に付き合うことになる。
そんな彼らの気持ちが、同じように見上げる“流れ星”と重なり絶妙にリンク。緩やかで何気ない、しかし、心がちょっぴりほっこりする幸せな時間を紡ぎ上げていく──。
この映画は、2009年から始まった沖縄国際映画祭が提唱する「地域発信型映画」の最新作。“ラフ&ピース”のテーマに、エリアをこれまでの国内からタイとフィリピン、マレーシアへと拡大させた本作は、今をときめく日本の気鋭監督3人が、現地のスタッフやキャストとコラボし、この形でしか生み出せない独特の空気をまとった魅惑的な作品に作り上げている。
その3人とは昨年の『サウダーヂ』(11)のロングラン大ヒットが記憶に新しいインディーズ映画界の雄・富田克也監督、『パビリオン山椒魚』(06)、『パンドラの匣』(09)などの奇才・冨永昌敬、学生映画でありながら異例の劇場公開となった『イエローキッド』(10)で観る者を圧倒し、ももいろクローバーも出演した『NINIFUNI』(11)では挑発的な発想と構成力で観る者の心を鷲掴みにした真利子哲也。そんな個性の違う3人が、同じ製作費、ほぼ同じ撮影期間でそれぞれの挑戦をしているのも本作の魅力となっている。

「同じ星の下、それぞれの夜」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)