菖蒲 screen ベティ

公式サイト: http://shoubu-movie.com/

「カティンの森」の巨匠アンジェイ・ワイダ最新作。
「生と死」をとおして、生きることの源泉に触れた文芸映画の傑作

【原題】Tatarak
【監督】アンジェイ・ワイダ
【キャスト】クリスティナ・ヤンダ,パベル・シャイダ,ヤドビガ・ヤンコフスカ=チェースラック,ユリア・ピェトルハ,ヤン・エングレルト
2009年/ポーランド/87分/紀伊國屋書店,メダリオンメディア/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
3月23日(土)
10:30〜12:05
14:30〜16:05
18:20〜19:50
3月24日(日)〜3月25日(月)
14:30〜16:05
18:20〜19:50
3月26日(火)〜3月29日(金)
10:30〜12:05
14:30〜16:05
18:20〜19:50
3月30日(土)〜4月05日(金)
10:10〜11:45
16:30〜18:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

春の終り、夏の訪れ、いのちの祝祭の時にー。

みずみずしい光を放つ大河を望むポーランドの小さな町。その町の医師と、妻のマルタ(クリスティナ・ヤンダ)は、長年連れ添ってきたものの、ワルシャワ蜂起の際、ふたりの息子を亡くしたことで互いに距離ができてしまっている。そんななか夫は、自身の診断で妻が重篤な病状であることを知るが、妻へは告白できずにいた。春が終わり、夏が訪れようとしていたある日、マルタは川岸のカフェで、美しい青年を見かける。彼との出会いで、マルタは失ってきたものを反芻し、心ざわめく……。

第二次世界大戦下、ソ連軍の捕虜となった多くのポーランド将校が虐殺された「カティンの森」事件。東西冷戦下で永らくタブーとされていた悲劇を描く映画「カティンの森」(07)は、文字通り、ポーランド映画界の巨匠アンジェイ・ワイダ監督の集大成ともいうべき壮大な歴史作品であった。

この一大叙事詩ともいえる渾身のライフワークの後に、休む間もなくワイダ監督が製作に入り、完成させた本作「菖蒲」は、前作とは打って変わってみずみずしい抒情に満ち、人間の根元的なテーマである「生と死」をとおして、生きることの源泉に触れた文芸映画の傑作である。

「菖蒲」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)