ドライブイン蒲生 screen ジャック

公式サイト: http://drive-in-gamo.com/

染谷将太×黒川芽以×永瀬正敏。芥川賞作家・伊藤たかみの最高傑作を映画化!【1週限定上映】

【監督】たむらまさき
【キャスト】染谷将太,黒川芽以,永瀬正敏,小林ユウキチ,猫田直
2014年/日本 /89分/コピアポア・フィルム /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
12月13日(土)〜12月19日(金)
16:10〜17:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・12/14(日)16:10回上映後、
 たむらまさき監督、大石三知子さん(脚本)による舞台挨拶あり。
 ★舞台挨拶後、劇場1F横浜パラダイス会館にて、ゲストを囲む交流会あり。※要1ドリンクオーダー

パンフレットをネットショップで販売中

たむらまさき×染谷将太×黒川芽以×永瀬正敏
年齢差50歳以上!本物の才能が奏でる極上シンフォニー

本作は芥川賞受賞作品「八月の路上に捨てる」など、幅広い年齢層から支持を得る伊藤たかみの「ドライブイン蒲生」が原作となっている。
時代の境目で不器用にあがく父親と姉弟の関係を、既に無くなりつつある「ドライブイン」という時代遅れのユニークな舞台装置を用いて飄々と描いた、作家の“最高傑作”としても名高い作品だ。

そんな人気作を監督するのは、“75歳の遅咲きの新人監督”たむらまさき。
「キャメラマン・田村正毅」として知られ、小川紳介監督“三里塚”シリーズはじめ、柳町光男、相米慎二、石井聰亙監督の諸作品を手がけてきた。2003年からは「たむらまさき」名義で、『サッド ヴァケイション』(青山真治)、『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』(鈴木卓爾)など、一貫して日本のインディペンデント映画の屋台骨を支えてきた伝説の撮影監督である。本作は話題となった『ゲゲゲの女房』以来初の作品であり記念すべき監督デビュー作となる。

出演は弱冠21歳にして映画出演総数40本以上、『WOOD JOB!(ウッジョブ)』(矢口史靖)、待機作『寄生獣』(山崎貴)でも主演を務める注目の若手実力派俳優・染谷将太。圧倒的なオーラを感じさせる存在感で、父と姉の葛藤の板挟みとなる純朴な高校生を好演。
姉役には『ぼくたちの家族』(石井裕也)、主演『南風』(萩生田宏治)の公開を控える黒川芽以。自身念願であった初のヤンキー役に抜擢され、やさぐれるほどに「オンナ」としての魅力を増し、弟から見ても色気を感じさせる女性像に体当たりでチャレンジしている。
また、姉弟の父親役には永瀬正敏。デビュー作『ションベン・ライダー』(相米慎二)でたむらのカメラの前に立てたことを誇りに感じる永瀬が、芸能生活30周年作品として友情出演。
音楽は豊田利晃作品の楽曲を担当している、ヤマジカズヒデ。ヤマジのサイケなギターサウンドが蒲生姉弟の気持ちの流れを随所で表現している

「ドライブイン蒲生」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)