ローマ環状線、めぐりゆく人生たち screen ジャック

公式サイト: http://www.roma-movie.com/

未来へと突き進む大都市ローマ、
そこからこぼれ落ちた人々の愛おしい人生

【原題】Sacro GRA
【監督】ジャンフランコ・ロージ
2013年/イタリア /93分/シンカ/DCP上映

8月16日(土)〜8月22日(金)
15:30〜17:05
20:50〜22:25 [レイト]
8月23日(土)〜8月29日(金)
10:05〜11:45
18:55〜20:30
8月30日(土)〜9月05日(金)
18:35〜20:10
9月06日(土)〜9月12日(金)
09:45〜11:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

未来へと突き進む大都市ローマと、そこからこぼれ落ちた人々の愛おしき人生。

1日の車の交通量16万台、全長約70㎞、大都市ローマを取り巻く大動脈「環状線GRA」。その周辺には旅行者たちが知らない愛すべき人たちの暮らしがある。木の中の「音」世界を研究し続ける植物学者。ブルジョアを装い偽りの今を生きる没落貴人。不釣り合いなモダンな建物に移り住みあてもなくお喋りしながら暮らす老紳士とその娘。事故現場で人命救助を行い、その合間を縫って年老いた母親の面倒をみる救急隊員。伝統を守りつつ後継者がいないことを憂うウナギ漁師。子守唄を口ずさむ両性具有の車上生活者。スポットライトを浴びることもなく懸命に生きる人々の人生に目を留めると、その風景の中に喜び、怒り、哀しみ、そして夢が見えてくる――。

第70回という節目のヴェネチア国際映画祭にて、ベルナルド・ベルトルッチ監督や坂本龍一など審査員から満場一致の絶賛を浴び、『風立ちぬ』などの強豪を押し退け金獅子賞を受賞。映画祭史上初のドキュメンタリー映画の受賞という偉業を成し遂げた。 ジャンフランコ・ロージ監督は、ひとりの人物と何カ月間も行動を共にし、撮影者と被写体という枠を超えた親密な信頼関係を築いた後に、そっと数時間だけカメラを回す。その人物の個性や過去や想いの全てが凝縮された画面には、濃厚な時が溢れている。現代イタリア文学を代表する作家イタロ・カルヴィーノの幻想小説「見えない都市」にインスパイアされ、2年半もの時間をかけて創り上げた圧縮された人生の断片は、フィクションよりもドラマチックに私たちの心に突き刺さる。 劇映画と見紛うほどの美しい映像美、ストイックに削ぎ落とされたシーンの持つ緊張感、まるで音楽を奏でる音符のように軽やかに羅列される登場人物たちがやがて繋がり、普遍的な一つの物語を紡いでゆく。私たちはゆっくりと1冊の写真集を眺めるような贅沢な時間の流れのなかで、愛おしき人々の生き様を目撃する。

「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)