NO ノー screen ジャック

1988年、南米チリ。ピノチェト独裁政権の信任を問う国民投票。若き広告マンの果敢な選挙キャンペーンを描いた社会派エンターテインメント!

【監督】パブロ・ラライン
【キャスト】ガエル・ガルシア・ベルナル,アルフレド・カストロ,ルイス・ニェッコ,アントニア・セヘルス,マルシャル・タグレ
2012年/チリ,アメリカ,メキシコ/108分/マジックアワー/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
9月13日(土)〜9月19日(金)
16:35〜18:35
9月20日(土)〜9月26日(金)
15:25〜17:25
9月27日(土)〜10月03日(金)
13:40〜15:40
20:15〜22:15 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(9/9(火)まで販売)
前売り券特典:ポストカードセット※数量限定
・9/13『NO』初日プレゼント!
チリワイン「コノスル オーガニック カベルネ・ソーヴィニヨン / カルメネール ハーフ」を初日ご来場者様に先着でプレゼントいたします。(数量限定のため無くなり次第終了します/無料鑑賞の方は対象外となります)

パンフレットをネットショップで販売中

CMは世界を変えられるのか!?
若き広告マンが恐怖政治に挑んだ、
政権打倒キャンペーンの行方は―

世界の名だたる映画祭や映画賞で高い評価を受け、公開された国々で軒並み大ヒットを飛ばしているチリ映画『NO』が遂に日本上陸!

本作はパブロ・ラライン監督の長編『トニー・マネロ』、『検死』に続くチリ独裁政権3部作の完結編。1988 年ピノチェト政権末期、長きにわたるアウグスト・ピノチェト将軍の軍事独裁政権に対する国際批判の高まりの中で、信任延長の是非を問う国民投票が実施されることになり、ピノチェト支持派「YES」と反対派「NO」両陣営による1日15分のTVコマーシャルを展開する一大キャンペーン合戦が行われる。ガエル・ガルシア・ベルナル演じる「NO」陣営に雇われた若き広告マンが斬新かつユーモア溢れる大胆なアイデアで、支持派の強大な権力と向き合い熾烈なメディア争いを繰り広げていく。広告の力が社会に与える影響を観る者に問う、傑作社会派エンターテインメント映画が誕生した!

また、本作は実話を元にしており、撮影技法も当時の映像とドラマが巧みに融合していくことを狙い、ビンテージカメラを使用、実際の映像とフィクションをうまく交錯させて、作品の舞台である80 年代を追体験するような演出効果に成功している。

関連映画
「NO ノー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)