トークバック 沈黙を破る女たち screen ベティ

それは芸術か、セラピーか、革命か?演劇で、声を取り戻していく“ワケあり”な女たちの物語

【監督】坂上香
【キャスト】ローデッサ・ジョーンズ
2013年/日本 /119分/アウト・オブ・フォーカス /ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
9月06日(土)〜9月12日(金)
13:50〜15:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・9/6(土)上映後、坂上香監督による初日舞台挨拶あり(舞台挨拶後、交流会あり/会場:横浜パラダイス会館)
・9/12(金・最終日)上映後、坂上香監督による初日舞台挨拶あり(舞台挨拶後、交流会あり/会場:横浜パラダイス会館)

ドラッグ 依存症 レイプ HIV/AIDS 孤立 虐待 貧困 前科 偏見・差別 DV……
演劇で、声を取り戻していく“ワケあり”女たち

【ストーリー】
元受刑者とHIV/AIDS陽性者のコラボ
女だけのアマチュア劇団「メデア・プロジェクト:囚われた女たちの劇場」は、サンフランシスコの刑務所で生まれた。
20年に及ぶ塀の中での活動を経て、新たな活動を開始。
それは、元受刑者とHIV/AIDS陽性者とのコラボレーション。

【メデアの芝居】
メデアの女性たちに共通するのは、沈黙。
幼少期から暴力の被害に遭い、自分を責めてきた。
薬物に依存したり、罪を犯したりと自暴自棄に生きてきた。
芝居づくりを通して、封印してきた過去を語り、詩作し、踊り、歌い、演じる。
そして、彼女たちは観客に問いかける。
あなたはこの現実をどう見るの?

【女たちの声】
・メデアの創始者・代表のローデッサ・ジョーンズは言う。
「社会は罪を犯した女性を忌み嫌う。マスコミにとっては恰好のネタで、世間も『悪女』として罰したがる。HIV陽性者への対応も同じ。」
・HIV陽性者のマルレネは言う。
「薬より、セラピーより、メデアのほうが効果がありそうだった。」
・元受刑者のアンジーは言う。
「どんなにサイテーな人生だったとしても、恥じることなんてない。顔をあげて、語るのよ!」

関連映画
「トークバック 沈黙を破る女たち」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)